大規模修繕の現場監督も高齢化している!独自のチェック体制作りが重要!

現場監督も高齢化している!独自のチェック体制作りが重要!

現場監督も高齢化している!独自のチェック体制作りが重要!

【元大規模修繕業界担当者が教える知って得する豆知識-Column.34】

少子高齢化が進む現代において建設業界も「人手不足」が深刻になるとともに、現場監督や作業員の高齢化が進んでいます。
それはマンション大規模修繕工事も同じように、工事を担当する現場監督や作業員の高齢化が進んでいます。

高齢のベテラン現場監督や作業員の方が工事に携われば品質面は問題ないように感じますが、体力的な問題で仕上がりの細かい部分で見落としが発生することがあるのです。

ここからは、マンション大規模修繕を担当する現場監督の高齢化についてお話していきます。

1.大規模修繕の現場監督も高齢化している!さらにアマチュア化も深刻

1.大規模修繕の現場監督も高齢化している!さらにアマチュア化も深刻

年々少子高齢化が進む中で、どの業界も人手不足が問題になっていますが、建設業界はより深刻な問題になっています。

建設業界では実際に現場で働く人のことを「職人」と呼んでいますが、ピーク時の1998年には全国に455万人の職人が仕事に従事していました。

それが2000年を境に減少を始め、今ではピーク時よりも100万人以上減少しているのです。
それに伴って高齢化も進み、国土交通省の「産業別就業者の平均年齢の推移」によると建設業界の平均年齢は年々上昇し、2016年では平均年齢47.4歳という結果も出ており、職人だけでなく現場監督も高齢化しています。

建設業界で人手不足になる大きな原因は、「若者離れ」とリーマンショック以降の「職人離れ」にあります。
建設現場はご存知の通り、「きつい、汚い、危険」の「3K」という印象が強く、建設業界の古い価値観と現代の若者の価値観が合わなくなっているといえます。

また、リーマンショックによる景気の悪化によって建設業界も急減に景気が落ち込んだ関係で職人離れが進みました。
現在は東京オリンピック需要などで景気は回復しつつありますが、建設業界における賃金の低さや長時間労働といった問題で職人離れが進んでいるのです。

1-1.大規模修繕の現場監督も高齢化している!人手不足によるアマチュア化も問題!

マンション大規模修繕工事を担当する現場監督や職人も同じように、人手不足や高齢化が問題になっています。

ここで、高齢の現場監督が担当していた某マンションの事例をご紹介します。 そのマンションで問題になっていたのが「細かい部分などの施工不良」ですが、50代後半の現場監督は担当していたとのこと。

施工が進む中で、その現場監督と一緒にベランダ下の施工箇所の確認のため屈もうとしたら、その現場監督は屈む姿勢を取るのを辛そうにしているのです。そこで、「ベランダ下など屈まないと確認できないような細かい部分の見落としが多いのではないか?」と直感したそうです。

この事例から考えると、ベテランの現場監督なので品質面で問題が発生するケースは少ないと感じますが、「体力的な問題で細かい部分の施工確認ができない」ということは認識しておく必要があるということです。

そこで、マンション側の対策として、コンサルタント会社とパートナー契約しているマンションでは、事前に担当者を現場監督に紹介して、工事の進捗に合わせて定期的にコンサルタントの担当者が施工チェックするなど、独自のチェック体制作りが重要になります。

1-1-1.人手不足による現場監督のマアチュア化も問題

また、高齢化とは別の話になりますが、人手不足によって経験の浅い方が現場監督になることも多くなり、作業ミスに気付かないなどのケースも問題になっています。

実際に施工を行う職人に関しても、人手不足を解消するために経験がない方や経験が少ない方が現場で作業をするケースも多くなっているので、品質面で問題が発生する可能性があります。

いわゆるアマチュアの職人や現場監督も高齢化とともに問題になっているので、この対策もコンサルタント会社の効果的な活用が求められます。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.まとめ

少子高齢化が進み様々な業界で人手不足が問題になっていますが、建設業界はより深刻な問題になっています。
マンション大規模修繕も例外ではなく、担当する現場監督の高齢化が進んでいるのです。

ベテランの現場監督が担当すれば施工品質などの面で信頼できますが、その一方で体力的な問題で仕上がりの細かい部分の施工不良の見落としが発生することも考えられます。

そこで、マンション側も高齢の現場監督が担当する場合は、コンサルタント会社にチェックを依頼するなど独自のチェック体制を考えておくことが重要になります。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。

フォローする