鳥取県の大規模修繕でよくある相談お問い合わせ&トラブル事例

鳥取県の大規模修繕でよくある相談お問い合わせ&トラブル事例

鳥取県の大規模修繕をこれからするお客様へ~相談・トラブル事例~

鳥取県は中国地方の日本海側に位置します。鳥取県は全国で面積は7番目に小さく、人口は全国では最も少ない都道府県です。
市の数は4つと全国で一番少ないです。マンションは、人口は県庁所在地である東側の鳥取市と西側の都市である米子市に集中しています。米子市は米子空港があり、島根県松江市と合わせた商業圏都市圏となっています。

マンションは完成した当初は綺麗ですが、月日の経過とともに経年劣化や損傷などがどのマンションでも目についてきます。特にメンテナンスや手を施さなければ老朽化が進んでいきます。
鳥取県は日本海側に位置していますので、日本海側特有の強い風などによって劣化が変わってくることがあります。

そこで行われるのが「大規模修繕工事」になります。
しかし、マンションの管理組合は「何をしたら良いのか?」がわからないと思います。一生で一番大きい買い物と言われる住まいであるマンションの大規模修繕を何度も経験することは稀なことでしょう。

鳥取県では、1990年以前に建てられたマンションもあり、すでに大規模修繕が行われているのかまだ行われていないのかを確かめる必要もあります。

このページでは、鳥取県内で大規模修繕を考えているマンションの方へ、他のマンションからの大規模修繕に関する相談お問い合わせ例と、よくあるトラブル事例をご紹介いたします。

このページの目次

1.鳥取県の大規模修繕工事のお問い合わせ例

鳥取県の大規模修繕工事のお問合せ事例!
過去のお問合せ対応内容をご参考ください!

大規模修繕工事は、経年劣化によって生じた建物の損傷や不具合を修繕・改修する工事です。

鳥取県は鳥取市と米子市にマンションが集中しており、そちらからお問い合わせをいただくことがあります。そのほか、1990年以前や1990年前半のマンションもあり、大規模修繕が済んでいるのかどうかを確認することも重要になります。
最近は地震に備えるための耐震補強についての問い合わせも増えています。ここでは鳥取県の大規模修繕工事に関わる大規模修繕支援センターにお問い合わせを頂いた事例をご紹介します。

1-1.問い合わせ1:テレビ受信設備の修繕する仕様はどうすれば良いのか?

1988年完成の9階建て高層マンションで外壁工事を行う際に疑問があります。
テレビの受信設備が古くなっているとの話しで更新を行う予定です。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造9階)
建物住所:鳥取県鳥取市南町
相談カテゴリー:TV受信設備、工事の流れ
建物概要:築年数1988年、総戸数70戸

【お客様の悩み】
TV受信設備が古くなっていることから更新する予定です。その際に、4K8K対応と話が出ています。そのような設備は必要なのか疑問です。
また、工事の進め方を参考までに知りたいです。

【大規模修繕支援センターからのご返答】
一般的には、テレビ受信設備はマンションにて共同受信しています。その設備を更新すると、テレビを見れない時間帯が発生します。テレビを見れない時間帯を極力短くするためにも施工会社と施工方法などで協議が必要です。
4K8Kとは、新しい衛星放送です。2011年7月24日に地上アナログ放送が終了して地上デジタル放送に切り替わりましたが、2018年12月1日から新たに4K8K衛星放送がスタートしています。
今後の映像規格ですので慌てて購入する必要はありません。
また、受信設備だけを更新しても視聴することはできません。
住戸のテレビも対応しなければなりません。
今までのテレビでも視聴は可能です。綺麗な映像を見たい方は買い替えすれば良いと考えられます。
施工方法としては、屋上にアンテナが設置されていると考えられます。屋上で施工する分には入居者の方々に影響は少ないですが、マンションによってブースターなどが各階などに設置されていたりなどがありますので施工会社と協議する必要があります。
既存設備から新設設備に切り替える際には一時的に視聴できない時間帯が発生します。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
テレビ受信設備の更新をすることで各戸の設備についてどうすれば良いのかがよくわかっていませんでした。既存のテレビでも視聴が可能であり、工事中でも生活に支障が少ないようなので安心しました。

1-2.問い合わせ2:高層マンションの外部金物は更新すべきなのか?

外壁に設置されている樋などを支えている金物が錆びています。外壁の修繕に伴って樋や支持金物も同時に更新することがオススメされます。金物は錆やすくて外れたりしていることもありますので注意が必要です。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造8階)
建物住所:鳥取県米子市
相談カテゴリー:外壁、金物、工事の流れ
建物概要:築年数1992年、総戸数35戸

【お客様の悩み】
1992年に竣工したマンションですが、これからも住み続けていくためにも大規模修繕を予定しております。外壁タイルの更新を検討していますが、樋の金物も錆が気になるので更新した方が良いのかどうか知りたいです。

【大規模修繕支援センターからのご返答】
外壁タイルの修繕を行う際には、樋などの付属設備も更新することが多いです。
外壁で工事を行う場合、足場を設置すると考えられます。せっかく足場を設置するなら、樋の支持金物なども同時に施工した方が経済的だと考えられます。足場の設置には高額な仮設費用が発生しますので同時に施工できることは一気に行った方が、再度足場を設置することがないので費用を考えると何度も足場を設置することを考えると安価になります。
樋がベランダやバルコニーなどを通っていることがありますので、工事を行う際は、ベランダやバルコニーなどでの作業も出てきますので、荷物の移動などを調整する必要があります。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
マンションの外壁工事では二度手間にならないように、予算を考えながら施工会社とも見積もりをもらって相談してみます。予算と工事費用を合わせて施工範囲を決定したいです。

1-3.問い合わせ3:電気設備工事の流れがよくわからない

マンションの大規模修繕を行いますが、電気設備についてはあまり詳しく確認しないことがあります。建築工事についてなら施工内容を少しは知っていることがあると思いますが、電気設備の細かいことは理解していないことがあります。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造5階)
建物住所:鳥取県米子市
相談カテゴリー:電気設備、工事の流れ
建物概要:築年数1990年、総戸数44戸

【お客様の悩み】
大規模修繕に合わせて、電気設備についても修繕を行う予定です。
建築工事部分については話を聞いていて見える部分もあるので工事の流れが理解できましたが、電気工事部分については工事の流れが理解できない部分があります。

【大規模修繕支援センターからのご返答】
電気設備についても大規模修繕を行う際に同時に工事を行います。外壁工事でも照明器具が外壁に設置されていたり、コンセントなどが設置されていることもありますので同時に工事を行います。
その時に施工を行わないと、スポット的に足場を組んだり、脚立などで生活の支障になることも考えられますので注意が必要です。

受変電設備については大規模修繕を行うこととは別に更新を行うことがありますが、建築工事に付属する電気設備がありますのでそちらは別途更新予定を立てる必要があります。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
建物の修繕計画と合わせて電気工事についても考えて行きます。計画では書かれていますが、後回しにしていることもありますので注意したいです。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.鳥取県の大規模修繕工事で多く見られるトラブル事例

鳥取県の大規模修繕工事であったトラブル事例です!未然に防げるようにしましょう!

マンションの大規模修繕にはトラブルがつきものです。準備段階から工事が完了するまで期間も長くなりますし、多くの人が関わりますのでトラブルになりやすいです。

ここでトラブル事例を3例ご紹介いたします。

2-1.トラブル事例1:修繕積立金が足りない

【トラブルカテゴリー】:修繕積立金
【建物概要】:鳥取県鳥取市、築年数1995年、総戸数60戸

【トラブル内容】:
築年数が20年ほどを経過しているため、マンションの大規模修繕を計画をしています。そこで計画中に修繕積立金についてのトラブルがあります。
大規模修繕の予定を立てている際に、昨今の工事価格上昇を受けて修繕積立金を上げることになりました。その際、理解してもらえないことがあります。
新聞やテレビ、インターネットニュースなどを見て、日本中の工事価格が上昇していることを知っていても実際に自らのことになると納得はできないのかもしれません。

今回は話し合いなどで済みましたが、管理組合などではどうにもならないことですので工事価格の上昇は難しいと感じました。

2-2.トラブル事例2:施工会社の選定方法は?

【トラブルカテゴリー】:施工者選定
【建物概要】:鳥取県米子市米原市、築年数2000年、総戸数30戸

【トラブル内容】:
大規模修繕の施工会社を決める際に選定方法で当初の施工会社などとトラブルになりました。
当初施工した会社に施工をすぐに依頼することは考えていませんでしたが、思い込みなのか施工会社が施工を行うつもりでした。

管理組合などはそのようなつもりはなく、見積もりをもらいながら決めて行こうとしていました。マンションの大規模修繕の施工実績がある会社を選定しようと考えていました。あまり近い施工会社だと工事価格や工事内容などの適正性を他の方々に疑われることは避けたいと考えています。

その他の施工会社からも見積もりをもらいながら、結局は当初の施工会社に依頼しています。施工者の決定をしていない中で思い込みだけで話が進んでいくことは建物の性能上でも危険ですので注意が必要です。

2-3.トラブル事例3:エレベーター使いたいのに!

【トラブルカテゴリー】:外構、騒音
【建物概要】:鳥取県鳥取市、築年数2007年、総戸数59戸

【トラブル内容】:
マンションの大規模修繕の一貫として外構工事を行なっています。その際、近隣の方々と騒音についてトラブルになっています。
施工会社の方で施工前には工程表や説明チラシなどを近隣に撒いてはいましたが、そこに書かれている時間よりも遅くに工事の騒音があるようでした。

施工会社とも確認したところ、職人が残業をしていたため騒音があったとのことでした。
工事の進み具合でキリの良いところまで終わらせようとして残業しているようです。
施工会社には作業時間を守ることや残業をしなければならない工種がわかった時点で近隣の方々にお知らせをすることを確認しました。

近隣の方にもその旨を伝えることで納得してもらいました。
近隣とトラブルになれば、済んでいる方々としても気分がよろしくないでしょうし、日常の付き合いもあるので大きなトラブルにならないように調整ができてよかったです。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

3.大規模修繕支援センターの4つのお約束

大規模修繕支援センターのサービス内容の
ご紹介です!4つのお約束を致します!

4.大規模修繕支援センターのご利用の流れ

大規模修繕支援センターのお問合せ~会社選定までの流れのご説明となります!

5.鳥取県の大規模修繕工事の施工業者

鳥取県の大規模修繕工事を行っている
施工業者の一覧となります!

【注意点】
下記掲載の会社は、全てが大規模修繕支援センターの登録店ではございませんので予めご了承下さい。
こちらに掲載しているのは一部の工事店のみになります。

会社名所在地
マテリテック株式会社鳥取県米子市上福原4-1-44

6.鳥取県の大規模修繕対応エリアについて

鳥取県の大規模修繕工事の対応エリアは
北海道全域にて対応可能です!
お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。