佐賀県の大規模修繕でよくある相談お問い合わせ&トラブル事例

佐賀県の大規模修繕でよくある相談お問い合わせ&トラブル事例

佐賀県の大規模修繕をこれからするお客様へ~相談・トラブル事例~

佐賀県は九州地方の北西部に位置しています。玄界灘と有明海の2つの海に接しています。唐津市を中心とした北部と佐賀市を中心とした南部に分けられます。
佐賀県は九州では最も経済規模が小さい県です。

マンションは、県庁所在地である佐賀市に集中しています。また、九州の物流の拠点でもある鳥栖市にも分布しています。

佐賀県は2つの地域があるのでその土地に合わせたメンテナンスが必要になってきます。
マンションは完成した当初は綺麗ですが、月日の経過とともに経年劣化や損傷などがどのマンションでも目についてきます。特にメンテナンスや手を施さなければ老朽化が進んでいきます。

そこで行われるのが「大規模修繕工事」になります。
しかし、マンションの管理組合は「何をしたら良いのか?」「どのような手続きが必要なのか?」がわからないと思います。一生で一番大きい買い物と言われる住まいであるマンションの大規模修繕を何度も経験することは稀なことでしょう。

佐賀県では、1990年以前や1990年代に建てられたマンションも多くあり、すでに大規模修繕が行われているマンションもあると考えられます。

このページでは、佐賀県内で大規模修繕を考えているマンションの方へ、他のマンションからの大規模修繕に関する相談お問い合わせ例と、よくあるトラブル事例をご紹介いたします。

このページの目次

1.佐賀県の大規模修繕工事のお問い合わせ例

佐賀県の大規模修繕工事のお問合せ事例!
過去のお問合せ対応内容をご参考ください!

大規模修繕工事は、経年劣化によって生じた建物の損傷や不具合を修繕・改修する工事です。

佐賀県には佐賀市にマンションが集中しており、その地域でマンションの大規模修繕が行われます。そのほか、1990年以前や1990年前半のマンションもあり、大規模修繕が済んでいるのかどうかを確認することも重要になります。
最近は地震に備えるための耐震補強についての問い合わせも増えています。

ここでは佐賀県の大規模修繕工事に関わる大規模修繕支援センターにお問い合わせを頂いた事例をご紹介します。

1-1.問い合わせ1:改修工事と修繕工事の定義の違いは?

マンションの修繕計画を立てるときに、「改修工事」や「修繕工事」との単語が出てくることと思います。この2つの定義には違いはあるのでしょうか?

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造8階)
建物住所:佐賀県佐賀市
相談カテゴリー:修繕、改修、定義
建物概要:築年数1993年、総戸数53戸

【お客様の悩み】
マンションの修繕工事を計画していますが、インターネットや工事業者などから聞き取りを行っても、修繕工事と改修工事の2つが出てきます。この2つの単語の定義はあるのでしょうか?

【大規模修繕支援センターからのご返答】
マンションの修繕工事は、経年劣化に合わせて計画的に実施して行く工事になります。既存の外壁塗装や屋上防水などをダメージがひどくならないうちに機能を改善することです。
建物の部材や設備について、問題のでる部分の性能や機能を支障なく使えるように回復させることです。そのため、一定の年数ごとに計画的に工事を行います。
一方改修工事は、高齢化などの生活環境の変化によって性能や機能を変化させて行くことです。設備機器は年々進歩していますので修繕を行いつつ、建物として改善して行くことになります。
修繕工事は、既存の建物を回復させることで、改修工事は社会変化などに合わせて当初よりも高い性能に変えて行くことです。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
打ち合わせや説明を聞いていても単語がわからなくて、一部納得がいかない部分がありました。言葉の意味を理解しながら説明を聞いてみると理解が進むように感じました。

1-2.問い合わせ2:排水配管の修繕は住戸内に入るのか?

排水配管の修繕は30年から40年ほどの周期で更新することを推奨されています。マンションの修繕計画にもその周期で計画されていることが一般的です。
塩化ビニル管ですが、流すものによって経年的に劣化が進んで行くことがあります。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造11階)
建物住所:佐賀県佐賀市
相談カテゴリー:排水設備、修繕
建物概要:築年数1988年、総戸数48戸

【お客様の悩み】
排水配管の修繕が計画されています。その際、住戸内に入っての作業があるようです。排水配管を更新する際には住戸内での作業は必要なのでしょうか?

【大規模修繕支援センターからのご返答】
排水配管全体を更新するには住戸内へ入って作業する必要があります。建物の上下の繋がっている部分や同階の横の配管は住戸内に入らなくても作業は可能です。
しかし、住戸内の排水を流すつなぎ部分については中での作業になります。
一時的に排水を流せないのでキッチンやトイレなどで流すことができなくなります。

施工会社に協力してスムーズに作業が行えればそれだけ早く施工が終わることはありますので打ち合わせを行いながらスムーズに終わらせればすぐに復旧します。
排水配管が詰まってしまうと困るのは入居されている方ですので、早く住戸内からいなくなってもらうためにもパイプスペースなどに荷物を置かないなどの工夫によって、スムーズに作業してもらいましょう。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
住戸内にての作業に拒否感がありました。しかし、スムーズに終わらせるためにも配管周囲は掃除して作業を早く終わってもらえるようにしたいです。
排水が詰まると困るのは入居者だと思いますので打ち合わせしながら進めたいです。

1-3.問い合わせ3:外壁塗装工事を行う時期

塗装工事の時期は難しいです。
地域によっても違いますし、雨や雪が降ってしまうと作業性が悪くなって工事期間が長くなることもあります。工事期間が長くなると、入居者の方々にもストレスになりますので注意が必要です。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造11階)
建物住所:佐賀県佐賀市
相談カテゴリー:外壁、塗装、時期
建物概要:築年数1994年、総戸数95戸

【お客様の悩み】
マンションの大規模修繕工事にて、外壁塗装を行う計画です。佐賀県は夏に雨が多い地域ですので夏場の工事は難しいのかと思っていますが、どうなのでしょうか?

【大規模修繕支援センターからのご返答】
外壁塗装工事は雨や雪の時期は工事ができないことがあります。佐賀県は気温が大幅に下がることは少ないですが、雨が多いと塗装を行えなくなります。

外壁塗装を行う際には、外部足場を組んで作業を行うことが一般的です。このとき、工具などの飛散防止や落下防止のために養生ネットを張りますが、これでは雨や雪を避けることはできません。
他の養生を検討する必要が出てきます。
また、雨によって作業が難しくなると工事期間が延びてしまいます。地域の施工会社であれば気候も考慮に入れて工程を組むはずですが、想定以上に天気がよろしくないと工事期間を延長する要請がくるでしょう。

工事期間が延ばせない場合、塗装の品質に影響が出ることがあります。うまく外壁材に付着しないため、工事終了後、数年で塗装が剥げてくることもあります。

適切な時期に適切な工事期間で作業を依頼してください。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
工事を早く終わらせてもらいからといって、無理な工事期限を設けると自分たちが大変な思いをすることを認識しました。塗装の不備なら施工会社が治すでしょうが、何度も施工会社が工事をしていると生活に支障が出ることもありそうなので注意したいです。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.佐賀県の大規模修繕工事で多く見られるトラブル事例

佐賀県の大規模修繕工事であったトラブル事例です!未然に防げるようにしましょう!

マンションの大規模修繕にはトラブルがつきものです。準備段階から工事が完了するまで期間も長くなりますし、多くの人が関わりますのでトラブルになりやすいです。

ここでトラブル事例を3例ご紹介いたします。

2-1.トラブル事例1:コンサルタントと施工会社の関係性

【トラブルカテゴリー】:コンサルタント、施工会社
【建物概要】:佐賀県佐賀市、築年数1990年、総戸数97戸

【トラブル内容】:大規模修繕工事のコンサルタントとしてコンサルタント会社に依頼していました。
施工会社が決まって、管理組合とコンサルタント会社で打ち合わせを行なっていましたが、言った言わないの水掛け論が始まってしまいました。

施工会社では議事録をとっていましたが、その部分の議事録がない状態でした。施工会社としては手戻りになる作業内容の指示だったようで、拒否反応を示していました。

結果的にその部分は施工会社が折れてもらって、他の箇所で管理組合側が譲歩する形に収まったようです。

2-2.トラブル事例2:近隣から臭いの相談

【トラブルカテゴリー】:外壁、塗装、トラブル
【建物概要】:佐賀県佐賀市、築年数2000年、総戸数87戸

【トラブル内容】:近隣住民から塗料の臭いに関する問い合わせがありました。外壁塗装工事を行なっている中で、風向きによって臭いが気になったようです。毎日、工事を行なっていましたが、その日だけが気になったようです。

問い合わせのあった日は比較的風の強い日で塗料の臭いが風に流されたのかと考えられます。しかし、工事をやめるわけにもいかず、話し合いを行いました。

施工会社で季節による風向きなどの資料によって説明して、了承していただけたので大きな工事の遅れにはなりませんでした。

2-3.トラブル事例3:管理会社を施工会社として選ぶべき?

【トラブルカテゴリー】:業者の選び方
【建物概要】:佐賀県佐賀市、築年数2001年、総戸数59戸

【トラブル内容】:大規模修繕工事を計画している際に、マンションの管理を委託している会社の関連会社から強烈に営業をかけられています。管理会社の関連企業なのでどの時期にどのような修繕を計画しているのかは把握しているのだと思います。
管理組合としては、工事金額的には他の施工会社やコンサルタントに見積もりをお願いしなければ相場がわからないですし、すぐに決定するつもりではありませんでした。
また、入居者の中からは関連会社と契約することに難色を示す方もいました。内容などはともかく、十分に説明できるようにしなければならないので、関連会社以外に依頼する方向で管理組合内では話をまとめようとしています。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

3.大規模修繕支援センターの4つのお約束

大規模修繕支援センターのサービス内容の
ご紹介です!4つのお約束を致します!

4.大規模修繕支援センターのご利用の流れ

大規模修繕支援センターのお問合せ~会社選定までの流れのご説明となります!

5.佐賀県の大規模修繕工事の施工業者

佐賀県の大規模修繕工事を行っている
施工業者の一覧となります!

【注意点】
下記掲載の会社は、全てが大規模修繕支援センターの登録店ではございませんので予めご了承下さい。
こちらに掲載しているのは一部の工事店のみになります。

会社名所在地
安藤工事株式会社 佐賀支店佐賀県佐賀市巨勢町牛島393-9
株式会社メンテック 佐賀支店佐賀県鳥栖市蔵上町619-1
今泉工業株式会社佐賀県西松浦郡有田町南原丁80-8
小峰産業株式会社佐賀県唐津市和多田先石11-68
佐賀アンドウ有限会社佐賀県佐賀市巨勢町大字牛島393-3
林保冷工業株式会社佐賀県鳥栖市永吉町788
山口産業株式会社佐賀県三養基郡上峰町坊所2512-1

6.佐賀県の大規模修繕対応エリアについて

佐賀県の大規模修繕工事の対応エリアは
北海道全域にて対応可能です!
お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。