和歌山県の大規模修繕でよくある相談お問い合わせ&トラブル事例

和歌山県の大規模修繕工事のお問い合わせ・工事情報のまとめ

和歌山県の大規模修繕をこれからするお客様へ~相談・トラブル事例~

和歌山県は面積の約8割を紀伊山脈が占め、周囲は海に囲まれます。
夏は海水浴やホエールウォッチングが盛んに行われ、身近に自然を感じることができる県です。

和歌山県内には交通アクセスの便利な地域と、自然豊かな地域が両方存在しますが、物件の約8割は和歌山市に集中します。
和歌山駅から大阪駅までは、乗り換えなく1時間半ほどで行くことができるのです。

和歌山県にマンションをお持ちの方は、月日の経過とともにマンションが劣化・損傷していくことにお悩みではないでしょうか。
できる限り長期に渡って、マンション資産価値を維持していきたいですよね。

そこで、「大規模修繕工事」でマンションの補修や改修を行い、綺麗なマンションを保つことができます。
ただし、大規模修繕工事は専門的な工事のため、進めるにあたって疑問点も多く沸いてくることでしょう。

この記事では、和歌山県のマンションで大規模修繕工事を行う管理会社やオーナー様に向けて、これまでの事例をまとめました。
大規模修繕工事に関する相談やお問い合わせ、トラブル事例をしることで、少しでも大規模修繕工事への疑問を解消してください。

このページの目次

1.和歌山県の大規模修繕工事のお問い合わせ例

和歌山県の大規模修繕工事のお問合せ事例!
過去のお問合せ対応内容をご参考ください!

大規模修繕工事を始めようと思っても、どのように進めれば良いか分からないことも出てきます。以下では、和歌山県の大規模修繕工事におけるお問い合わせ例をご紹介いたします。実際に大規模修繕支援センターでお受けしたお問い合わせ例とその返答を知ることで、大規模修繕工事への理解を深めていただければ幸いです。

1-1.問い合わせ1:大規模修繕工事のコンサルタントの選び方は?

大規模修繕工事をスムーズに進めるためには、専門知識が必要です。ただ、管理組合などで専門知識を持ち合わせていない場合も多く見受けられます。そこで、以下のお問い合わせをもとに、大規模修繕工事のコンサルタントについて学びましょう。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造12階)
建物住所:和歌山県和歌山市
相談カテゴリー:工事方式、費用、時期、建築基準法、コンサルタントの選び方、工事の流れ
お問い合わせ方法:電話
建物概要:築年数2009年、総戸数82戸

【お客様の悩み】
そろそろ1回目の大規模修繕工事を始めていきたいのですが、専門知識が無く進め方が分かりません。
そこで、大規模修繕工事のコンサルタントに相談しようと思います。
コンサルタントの役割や種類、選び方などを教えてください。

【大規模修繕支援センターからのご返答】
まず、大規模修繕工事のコンサルタントの役割は、以下のようなものが挙げられます。
● 建物診断、劣化チェック
● 修繕計画の作成
● 大規模修繕工事の予算の算出
● 施工業者選定のサポート
● 工事内容の確認、施工監理
● アフター点検、サポート業務

また、コンサルタントの種類は、主に以下の3つに分かれます。
■ 管理会社
日常的にマンションの管理業務を行う管理会社は、建物の状況を良く分かっています。
大規模修繕工事の施工は、管理会社の工事部門や関連の施工会社、または提携している施工会社が行うことが多いです。

■ 専門コンサルタント会社
大規模修繕工事のコンサルティングを専門に扱う会社です。
一級建築士や施工技術者などが所属している場合が多く、専門会社ならではの体制が整えられています。
大規模修繕工事のエキスパートですが、信頼できるコンサルタントかどうか見極めることが重要です。

■ 一級建築士事務所
一級建築士は設計の専門家であり、工事監理を適切に任せることができます。
ただし、一般的に新築の建設を得意とする場合が多いので、大規模修繕工事の知識と経験があるかは確認が必要です。
なお、通常の大規模修繕工事で行う設計監理業務には、必ずしも一級建築士の資格が必要ではありません。

大規模修繕工事のコンサルタントを選ぶポイントは、有資格者の数と過去の実績です。
実績はコンサルティング内容と、依頼主の評価が分かればなお良いでしょう。
「資格」と「実績」を兼ね備えたコンサルタントであれば、信頼して工事を任せることができますね。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
コンサルタントの業務が計画から施工監理まで、多岐に渡るとは知りませんでした。「資格」と「実績」を見ることがコンサルタント選びのポイントですね。ご説明いただいたことを参考に、信頼できるコンサルタントを探します。

1-2.問い合わせ2:修繕委員会はどのような仕事をするの?

大規模修繕工事を進めるにあたり、「修繕委員会」の設置が推奨されます。修繕委員会とは、どのような仕事を行う組織なのでしょうか。
岩出市の分譲マンションから、修繕委員会についてのお問い合わせがありました。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(SRC造10階)
建物住所:和歌山県岩出市
相談カテゴリー:工事方式、時期、委員会、定義、工事の流れ
お問い合わせ方法:メール
建物概要:築年数1992年、総戸数138戸

【お客様の悩み】
大規模修繕工事をスムーズに進めるために、「修繕委員会」を設置すべきだと言われました。修繕委員会では、どのような仕事をするのですか?管理組合の理事会で対応してしまおうと思っていたのですが…。

【大規模修繕支援センターからのご返答】
まず、管理組合の理事会は、通常の議題を抱えていますし、メンバーの入れ替えが行われることが多いです。
その理事会が大規模修繕工事の担当もしてしまうと、理事会の負担が大きくなってしまい大規模修繕工事の話が中々進まないかもしれません。
また、大規模修繕工事は準備から完了まで長期に渡りますので、その間にメンバーが入れ替わってしまうと話が振り出しに戻ってしまう可能性もあります。

そこで、大規模修繕工事の議題だけに集中する「修繕委員会」を設立することで、大規模修繕工事をスムーズに進めていくことができるわけです。
修繕委員会の人数はマンションの規模にもよりますが、5~10人程度が多い傾向にあります。

修繕委員会の主な仕事は、以下の通りです。
● 建物の劣化チェックを実施
● 工事が必要な箇所の選定
● 大規模修繕工事の設計
● 費用と予算の調節
● 工事の依頼先を選定
● 定例の打ち合わせ
● 居住者への工事の案内、工事説明会の実施
● 工事終了後のフィードバック

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
修繕委員会の役割や仕事がよく分かりました。大規模修繕工事は大掛かりな工事なので、管理組合でもやるべきことが沢山あるのですね。
理事会の負担が大きくならないよう、修繕委員会のメンバーを募ってみます。

1-3.問い合わせ3:大規模修繕工事でマンションの設備工事も行う?

マンションは共同の所有物であるため、給水や電気、ガスなどの共有設備もいくつか存在します。大規模修繕工事では、マンションの共有設備についても工事を施せるのでしょうか。下記のお問い合わせ例をもとに、確認していきましょう。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(SRC造10階)
建物住所:和歌山県和歌山市
相談カテゴリー:工事方式、電気設備、TV受信設備、給水設備、汚水設備、ガス設備、エレベーター、消火設備、改修工事、工事の流れ
お問い合わせ方法:メール
建物概要:築年数1997年、総戸数72戸

【お客様の悩み】
大規模修繕工事を迎え、この機会に広範囲の工事を済ませておこうと思います。そこで、共有設備の工事も併せて行えるのか疑問に感じました。大規模修繕工事で設備工事が行える場合、どのような内容が多いのでしょうか。

【大規模修繕支援センターからのご返答】
大規模修繕工事の項目に、設備工事も含まれます。
具体的には、下記のような設備工事が行われることが多いです。
● 給水設備
● 排水設備
● 電気設備
● ガス設備
● テレビ共同受信設備
● 電話やインターネット設備
● 排気設備
● 消火や防災設備

なお、設備によっては有資格者の取り扱いが必要となる場合があります。お客様のマンションに必要な設備工事を見極められると良いでしょう。

また、設備工事では修繕だけでなく改修も取り入れられると、マンションの資産価値を高めることができます。現在の生活水準に合わせ、居住者が生活しやすい設備を整えていきたいですね。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
大規模修繕工事で設備工事も行えると聞いて安心しました。折角工事を施すのであれば、質の高い設備を取り入れ、マンションの資産価値を高めたいと思います。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.和歌山県の大規模修繕工事で多く見られるトラブル事例

和歌山県の大規模修繕工事であったトラブル事例です!未然に防げるようにしましょう!

和歌山県の大規模修繕工事では、どのようなトラブルが発生しているのでしょうか。大規模修繕工事期間中は、特にトラブルが起きやすくなります。工事に支障を来さないためにも、トラブル事例を知ることで事前に対策を取っていきましょう。

2-1.トラブル事例1:パイプが落下し危機一髪!

【トラブルカテゴリー】:工事方式、外壁、塗装、外部金物、外部金具、トラブル、業者の選び方、工事の流れ、不具合
【建物概要】:和歌山県和歌山市、築年数2006年、総戸数38戸
【トラブル内容】:大規模修繕工事の外壁塗装を行うために足場を仮設していたところ、作業員が誤ってパイプを落としてしまいました。その下では通行人が歩いていましたが、警備員が危険を察知し誘導したため何とか被害は防げました。後で作業員から話を聞いたところ、寝不足だったとのこと。大規模修繕工事では、些細なミスが大事故につながりかねない意識を持ってもらうべきです。

2-2.トラブル事例2:積立修繕金の値上げをする羽目に!

【トラブルカテゴリー】:費用、修繕費、積立修繕金、トラブル
【建物概要】:和歌山県和歌山市、築年数2004年、総戸数68戸
【トラブル内容】:大規模修繕工事のために居住者から積立修繕金を集めていましたが、今まで特に長期修繕計画の見直しは行っていませんでした。マンションの劣化チェックを行い、実際に大規模修繕工事の見積を出してみると、長期修繕計画から大幅に工事費用が高くなっており…。マンションの資産価値を落としたくなかったので、やむなく工事は削らずに実施。その代わり、その後の積立修繕金を値上げせざるを得なくなりました。

2-3.トラブル事例3:車を移動させるなんて知らない!

【トラブルカテゴリー】:工事方式、トラブル、時期、工事の流れ、不具合
【建物概要】:和歌山県岩出市、築年数2001年、総戸数50戸
【トラブル内容】:当マンションの駐車場は建物に隣接しており、大規模修繕工事を行うにあたり車両の移動が必要になりました。
居住者には工事説明会で案内しましたが、工事説明会に参加していない住民へは知らせておらず…。実際に工事が始まって駐車場から移動していない車両が見つかり、至急車両の移動をお願いすることに。居住者からは案内不足だと苦情があったので、個別でチラシなども入れておくべきだったと反省しています。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

3.大規模修繕支援センターの4つのお約束

大規模修繕支援センターのサービス内容の
ご紹介です!4つのお約束を致します!

4.大規模修繕支援センターのご利用の流れ

大規模修繕支援センターのお問合せ~会社選定までの流れのご説明となります!

5.和歌山県の大規模修繕対応エリアについて

和歌山県の大規模修繕工事の対応エリアは
和歌山県全域にて対応可能です!
お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。