マンション大規模修繕で実施する標準的な工事内容のまとめ

マンション大規模修繕は、建物に生じた経年劣化や自然環境などが起因する損傷を補修・修繕するとともに、現在の住環境の水準に合わせて建物性能をグレードアップさせるための改修を行う工事です。建物自体はもちろん敷地内に設置している設備も含めてマンション全体が工事範囲になります。建物外、建物内、金物部分、設備関係の工事範囲でどんな工事が行われるのかある程度知ったうえで、失敗のないように大規模修繕計画を進めていきましょう。

建物外工事

マンションなどの建物の外部は、太陽の紫外線や雨風といった気候の変化、さらに季節ごとの気温変化などの影響を受け続けています。
そのため、鉄筋コンクリートや鉄骨で建設された頑丈な建物でも経年劣化や損傷は避けられず、とくに外部は症状が顕著に表れてきます。
そこで外規模修繕では、建物外の「躯体」、「屋根(屋上)」、「外壁」、「外構」といったエリアを中心に補修・修繕工事を施していきます。
工事は施工業者に依頼しますが、マンション側も建物外でどんな工事が行われるのかある程度理解したうえで予算などの計画を立てましょう

建物内工事

マンション建物内も外回りと同じように経年劣化は避けられません。
大規模修繕工事では、主に共用部の開放廊下と階段、各ご家庭の専有部にあたるベランダ・バルコニーのそれぞれ床面と天井面に対して防水工事や塗装工事を施していきます。
建物内の工事は居住者が普段の生活をしている中で工事を進めなければならないので、事前の周知は徹底しなければなりません。
建物内の「天井」、「床」、「ベランダ・バルコニー」それぞれの工事内容や進め方、注意点は事前にある程度知っておきましょう。

金物部分

マンションの外部・内部には「鉄」でできた外部金物や外部金具が設置されています。
鉄の劣化といえば「錆(さび)」のほかにも、塗装の剥がれやチョーキング(チョークの粉のようなものが付着する劣化)などがあり、大規模修繕の機会などで塗装工事や取替を行います。
金物部分の劣化をそのままにしているとマンションの美観が損なわれ資産価値の低下にも繋がります。
金物部分がマンションのどの部分を指すのか知ったうえで、塗装工事や取替の計画を立てるようしましょう。

設備関係

マンションにの設備関係といえば「電気設備」をはじめ、「給水設備」、「汚水(排水)設備」、「TV受信設備」、「ガス設備」といった設備は生活に欠かせません。
その他にも、防火対策としての「消火設備」や「エレベーター」は今やマンションになくてはならない設備の一つになっています。
このような設備関係も建物と同じように経年劣化は進んでいくので、修繕もしくは取替を行わなければなりません。
設備関係の修繕・取替目安を知ったうえで、大規模修繕工事の計画を立てていきましょう。