大阪府の大規模修繕工事のお問い合わせ・工事情報のまとめ

大阪府でよくある相談お問い合わせや工事情報のまとめ

大阪府の大規模修繕をこれからするお客様へ~相談・トラブル事例~

大阪府は日本では東京都に続く第二の都市であり、近畿地方はもちろんのこと、西日本の行政・経済・文化・交通の中心です。
大阪府ではマンション供給が豊富で2000年以降、タワーマンションが大阪通勤圏のベッドタウンで増えてきています。

マンションは完成した当初は綺麗ですが、月日の経過とともに経年劣化や損傷などがどのマンションでも目についてきます。特にメンテナンスや日々の点検等を行わないと老朽化に気づくことも出来ません。損傷が進むと手を打てなくなることもありますので、老朽化してくる前に手を打つ必要があります。

そこで行われるのが「大規模修繕工事」になります。
しかし、マンションの管理組合は「自分たちは何をしたら良いのか?」「どんな内容の工事が必要なのか?」がわからないと思います。一生で一番大きい買い物と言われるお住まいですので、マンションの大規模修繕を何度も経験することは稀なことでしょう。

このページでは、大阪府内で大規模修繕を考えているマンションの方へ、他のマンションからの大規模修繕に関する相談お問い合わせ例と、よくあるトラブル事例をご紹介いたします。

このページの目次

1.大阪府の大規模修繕工事のお問い合わせ例

大阪府の大規模修繕工事のお問合せ事例!
過去のお問合せ対応内容をご参考ください!

大規模修繕工事は、経年劣化によって生じた建物の損傷や不具合を修繕・改修する工事です。

大阪府は高層マンションやオフィスビルなど階高が高い建物が多く、大阪府には、200m以上の高層マンションが2棟あります。
そのため、大規模修繕に関係した高い建物ならではのお問い合わせを頂くほか、最近は地震に備えるための耐震補強についての問い合わせも増えています。
ここでは大阪府の大規模修繕工事に関わる大規模修繕支援センターにお問い合わせを頂いた事例をご紹介します。

1-1.問い合わせ1:高層マンションの定期検査は行わなければならないのか?

一定規模の高層マンションでは、定期検査を行なうことが建築基準法で定められております。しかし、管理組合や住民の方々はそれを知らないことが多いです。
不要な点検や調査を行わないほうが費用的にも楽になりますので必要なのか、不必要なのかを知っておきましょう。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造42階)
建物住所:大阪府大阪市福島区
相談カテゴリー:外壁、仮設工事、工事の流れ
建物概要:築年数1998年、総戸数400戸

【お客様の悩み】
数年に1度のペースで建物の定期検査をしていますが、これは必要なことなのでしょうか。法的に必要であれば良いのですが、不要なら省こうかと考えています。

【大規模修繕支援センターからのご返答】
高層マンションでは定期検査は必要です。建築基準法で定期検査を行うことが定められているので検査を行って、報告する義務があります。
高層マンションは「特殊建築物」に分類されるため、3年に1回の報告義務があります。
内容としては、建物の防火区画の管理や換気などの建築設備についてなどを報告します。
経年劣化による老朽化により、建物の不備があると人命に関わります。また、報告を行わないと罰金も科せられます。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
必要な報告だと認識しました。これからも住み続けていくことを考えると建物や付属する設備関係でも点検することが必要だと再認識させられました。

1-2.問い合わせ2:高層マンションの外壁塗装の流れはどうなるの?

外壁工事における塗装工事の件についてもお問い合わせをいただきます。
定期的に外壁を塗装しておかないと建物の劣化を招いてしまいます。外観が劣化しているだけではなく、塗装が剥がれることによって躯体にも影響を与えてしまうことがあります。建物が劣化してしまうと外壁から躯体に風雨が入り込んでしまいます。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造30階)
建物住所:大阪府大阪市都島区
相談カテゴリー:外壁、塗装、工事の流れ
建物概要:築年数2000年、総戸数250戸

【お客様の悩み】
2000年に竣工したマンションですが、これからも住み続けていくためにも大規模修繕を予定しております。多くの工法があって難しくよくわからないので教えてもらいたいです。

【大規模修繕支援センターからのご返答】
外壁塗装を行う際には、足場を設置します。
外壁塗装の塗料にも種類があります。マンションの塗装ですと、住宅とは違って頻繁に塗装を行うことは難しいです。そのため、耐用年数が長い塗料を選びます。フッ素系塗料や光触媒塗料などは10年から15年ほどの耐用年数になっていますのでおすすめです。

塗料によって材料価格も違ってきますので施工業者と見積もりをもらいながら相談することをおすすめします。
工事を行う際は、ベランダやバルコニーなどでの作業も出てきますので、荷物の移動などを調整する必要があります。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
マンションの外壁塗装では塗料の種類が複数あるようですので、予算を考えながら工事業者に見積もりをもらって相談してみます。予算と工事費用を合わせて塗料を決めたいです。

1-3.問い合わせ3:点検業者から消防設備の更新を提案された

建築工事や給排水などの設備ならわかりやすいので住んでいる方々にも説明が行いやすいですが、消防設備についての更新については説明が難しいと考えられます。
管轄の消防署からの指摘などがありますので更新する必要があります。修繕計画を立てる必要があります。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造38階)
建物住所:大阪府大阪市浪速区
相談カテゴリー:消防設備、修繕計画、工事の流れ
建物概要:築年数2006年、総戸数292戸

【お客様の悩み】
消防設備機器の点検業者から消防設備機器類の更新を勧められています。機器が動作している間は既存の機器を使っていたいのですが、消防設備機器の更新は必要なのでしょうか?

【大規模修繕支援センターからのご返答】
消防設備の機器類はメーカーによって交換部品の保持期間が決まっています。目安として15年ほどで交換部品を残していません。
新築後15年が経過しそうなマンションでしたら、故障したら緊急修繕ができないこともあります。

機器の不具合を放置すると火災などの際に警報が動作しないこともありますので注意が必要です。
機器を新規に購入する場合、納期がかかります。その間のつなぎとしてリース品を使用することも可能ですが、不要な金額が発生してしまいます。

計画的に消防設備機器の更新も検討して欲しいです。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
建物の修繕計画と合わせて消防設備についても計画的に更新を考えていきます。
更新を考えていかないとマンションとして危険もあるようなので修繕計画を考えていきたいです。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大阪府の大規模修繕工事で多く見られるトラブル事例

大阪府の大規模修繕工事であったトラブル事例です!未然に防げるようにしましょう!

マンションの大規模修繕にはトラブルがつきものです。準備段階から工事が完了するまで期間も長くなりますし、多くの人が関わりますのでトラブルになりやすいです。

ここでトラブル事例を3例ご紹介いたします。

2-1.トラブル事例1:近隣住宅からの苦情

【トラブルカテゴリー】:騒音トラブル、近隣
【建物概要】:大阪府大阪市港区、築年数1994年、総戸数350戸

【トラブル内容】:
マンションの大規模修繕の工事期間中に近隣との騒音トラブルが発生しました。
マンション近隣の住宅の方より、工事騒音のクレームがありました。内容は、夜勤の家族の方いる中で騒音で休めないとのことでした。
また、振動などによりお宅の外壁や内装の一部にひび割れなどが発生しているとのお話がありました。

そのため、施工業者側でお宅の外観や内装を調査して一部補修の対応を取ることで調整がされました。その後、近隣には騒音が出そうな工種の時に事前に話をすることで対応しました。

2-2.トラブル事例2:施工会社から追加費用の請求

【トラブルカテゴリー】:費用、施工者選定
【建物概要】:大阪府大阪市天王寺区、築年数2006年、総戸数270戸

【トラブル内容】:
大規模修繕が進行中に予期せぬ工事金額の増額が施工会社から提起されました。その中で一部協議中の内容が既に施工されているとのことでした。修繕委員会には話だけはあったようですが、管理組合や理事会には話が出ていなかったため追加の工事費について打ち合わせがされていなかったようです。

施工会社と協議の結果、工事を進めている部分は承諾なしに施工が行われているので工事費増額は認められませんが、これから工事が進んでいく部分については工事費の増額は認めることになりました。

このような工事費のトラブルを避けるために管理組合なども含めて協議をしていかなければなりません。打ち合わせの議事録を作成して共有することも必要だと感じました。言った言わないとの話が出ると工事の進捗にも影響が出てしまい、工事期間が長くなる恐れもありますので注意が必要です。

2-3.トラブル事例3:エレベーター使いたいのに!

【トラブルカテゴリー】:エレベーター更新、費用、施工者選定
【建物概要】:大阪府大阪市城東区、築年数1998年、総戸数400戸

【トラブル内容】:
高層マンションで大変になるのが移動手段であるエレベーターの更新です。複数のエレベーターが設置されていますので1基ずつ工事を進めていけば全てが停止することはありません。また、1基ごとに1週間から2週間で更新作業は終了します。

工事期間については入居されている方のそれぞれの生活時間帯が異なることからクレームも多くなります。
共有部分での作業になりますが、騒音が出ることも少なからずあります。工事の時間帯や工事内容などを毎日共有スペースにお知らせすることでクレームを少なくする努力は施工者とともに行いました。

施工者と事前に工程調整をしっかり行い、入居者の方々の荷物の搬入等の日程を入れないように調整してもらいながら作業しました。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

3.大規模修繕支援センターの4つのお約束

大規模修繕支援センターのサービス内容の
ご紹介です!4つのお約束を致します!

4.大規模修繕支援センターのご利用の流れ

大規模修繕支援センターのお問合せ~会社選定までの流れのご説明となります!

5.大阪府の大規模修繕工事の施工業者

大阪府の大規模修繕工事を行っている
施工業者の一覧となります!

【注意点】
下記掲載の会社は、全てが大規模修繕支援センターの登録店ではございませんので予めご了承下さい。
こちらに掲載しているのは一部の工事店のみになります。

会社名所在地
旭技建株式会社大阪府摂津市鳥飼八防1-19-4
旭電設株式会社大阪府大阪市旭区森小路2-1-1-201
株式会社小野工建大阪府摂津市千里丘6-4-2
協伸工業株式会社大阪府大阪市都島区中野町4-9-9
高分子株式会社大阪府堺市中区深井北町3418-1
株式会社 住吉技研大阪府大阪市東住吉区田辺1-14-7
ダイワテック 株式会社大阪府大阪市東住吉区住道矢田8-13-26
株式会社ティエム技建大阪府東大阪市吉原2-9-17
東洋シポデック株式会社大阪府大阪市中央区材木町1-8 SRビル本町東
日興電気工業株式会社大阪府大阪市北区天神西町3-18
日本水理株式会社大阪府大阪市中央区高麗橋4-4-6
ビケンテック株式会社大阪府大阪市平野区瓜破西2-6-12
株式会社伊藤テック 大阪営業所大阪府大阪市東淀川区東中島1-17-5-1009
株式会社ウェイズ 関西支店大阪事務所大阪府福島区吉野4-28-5
株式会社カシワバラ・コーポレーション 大阪営業所大阪府堺市西区浜寺石津町東1-2-13
川本工業株式会社 大阪支店大阪府大阪市中央区内本町2-1-13(PHOENIX内本町ビル)
建装工業株式会社 関西支店大阪府吹田市江坂町2-1-52
高分子株式会社 大阪営業所大阪府大阪市北区東天満2丁目2-15-207
シンヨー株式会社 大阪事業所大阪府堺市西区浜寺船尾町東3-423
株式会社太平エンジニアリング 大阪支店大阪府大阪市淀川区西中島4-12-11
TOHO株式会社 関西支店大阪府大阪市中央区南久宝寺町2-1-9
ビケンテック株式会社 羽曳野事業本部大阪府羽曳野市古市3-10-6
三星産業株式会社 大阪支店大阪府大阪市西区江戸堀1-25-29 江戸堀KNビル
ヤマギシリフォーム工業株式会社 関西支店大阪府吹田市川岸町15-12
日本水理株式会社 大阪南支店大阪府堺市北区北花田町3-19-7
アーキ・ヤマイチ株式会社大阪府吹田市江の木町29-12
株式会社アルファ技研大阪府堺市南区大庭寺900
株式会社石田商会大阪府大阪市都島区都島北通1-15-25
株式会社市原商会大阪府守口市金田町5-3-20

6.大阪府の大規模修繕対応エリアについて

大阪府の大規模修繕工事の対応エリアは
北海道全域にて対応可能です!
お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。