大規模修繕に伴うベランダ・バルコニー施工時の注意点と工事内容

ベランダ・バルコニー施工時の注意点と工事内容を解説

大規模修繕に伴うベランダ・バルコニー施工時の注意点と工事内容

一般的なマンション大規模修繕では、屋上や外壁、廊下や階段などの共用部分のほかに、各お部屋の「ベランダ・バルコニー」も工事範囲に含まれます。

ベランダ・バルコニーでは主に床部の防水補修工事を行っていきます。
その工事に際して注意点があり、工事が行われるまでにベランダ・バルコニーに置かれた私物はすべて片付けなければなりません。

そこで、ここからは大規模修繕に伴うベランダ・バルコニーを施工する際の注意点と、どのような工事が行われるのかご紹介いたします。

1.大規模修繕のベランダ・バルコニー施工時の注意点

大規模修繕のベランダ・バルコニー施工時の注意点

一般的なマンション大規模修繕では各お部屋のベランダ・バルコニーも工事範囲に含まれます。

その際の注意点として先程も説明した通り、ベランダ・バルコニーに置いてある空調機の室外機以外の私物はすべて片付けておかなければなりません。ベランダ・バルコニーでは床面の防水工事を施工していきますが、私物が床に置かれていては施工できなくなってしまいます。

ここからは、一般的にベランダ・バルコニーに置かれている私物の取り扱いについてご説明いたします。

1-1.「物置」は室内に入れるなどして片付ける

ベランダ・バルコニーに物置を設置している方がいますが、当然片付けなければなれません。
室内に入る大きさの物置なら問題ないものの、室内に入れられないものは撤去する必要があります。

その際、一時的に移動したり廃棄したりする費用はすべて”自腹”になってしまうので注意が必要。
マンションのベランダ・バルコニーは「専用使用権が認められた共用部」という特殊な扱いになるので、基本的に直ぐに移動できるもの以外は置いてはいけないと決められています。撤去を拒否することは基本的にできません。

以下の項目にも当てはまりますが、撤去や廃棄が必要なときは全て自費で行う必要があるので注意しておきましょう。

1-2.「ウッドデッキ」は一時撤去して片付ける

ベランダ・バルコニーは無機質なので、おしゃれな「ウッドデッキ」を敷いている方がいます。
しかし、せっかく敷いたウッドデッキでも、施工業者が何もできなくなってしまうのですべて一時撤去しなければなれません。

今では簡単に設置・撤去ができるウッドデッキも販売されているので、基本は設置しないのが一番ですが、設置するときは大規模修繕が行われていることを頭に入れておきましょう。

1-3.「タイル」は一時剥がして片付ける

こちらも前のウッドデッキと同じですが、おしゃれな「タイル」を貼っている方がいます。

しかし当然のように、せっかく貼ったタイルもすべて一時撤去しなければなりません。
自分で撤去できなければ業者に撤去を依頼する必要があるので、こちらも大規模修繕を念頭にいれて剥がすのが難しいタイルなどは貼らないようにしましょう。

1-4.「植物」は室内に入れるか処分して片付ける

ベランダ・バルコニーに置かれている物で一番多いのが植物やガーデニングです。

しかし、こちらも全て室内に入れるか、残念ながら処分しなければなりません。
もしくは、知り合いで一時的に預かってくれる人がいれば、工事期間中だけ預かってもらう方法もあります。

どちらにしても、植物でも大規模修繕の工事期間は撤去する必要があるので、あまり大がかりなガーデニングをしていると後から大変なので注意しておきましょう。

1-5.ベランダ施工時は入れなくなる

こちらは片付けとは違いますが、ベランダ・バルコニーでは床面の防水工事を施工するのでこの期間は入れなくなります。
施工後も数日入れない期間があるので、施工業者の説明をしっかり聞いておくことが大切です。

ここまで、大規模修繕に伴うベランダ・バルコニー施工時の注意点をご紹介しましたが、マンションのベランダ・バルコニーは基本的に”避難通路”として使用することを前提として設計されています。

そこで、大型の物置やガーデニング、ウッドデッキやタイルがあると避難のときに障害になる可能性があるため、マンションでは原則的にベランダ・バルコニーにも物を置かないように決められているはずです。

それでもベランダ・バルコニーは無機質なので、何かしら置きたくなる気持ちも分かります。
その際は大規模修繕を念頭に入れて、室内に入れられるものや直ぐに撤去でるようなものを設置することが重要です。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕に伴うベランダ・バルコニーの工事内容

大規模修繕に伴うベランダ・バルコニーの工事内容

大規模修繕で行うベランダ・バルコニーの補修工事では、主に床面の「防水補修工事」を施工していきます。
そのベランダ・バルコニーの防水補修工事で現在主流になっているのが「塩ビ防滑シート貼り工法」です。

詳しい工法の説明は後でしますが、簡単に施工内容を説明しておきましょう。
まず、塩ビ防滑シートの周囲にある排水溝や巾木部分にウレタン塗膜防水を施工していきます。そして、ウレタン塗膜に10cm程度ラップさせて防滑塩ビシートを貼っていく工法になります。

上記説明中の「巾木(はばき)」とは壁と床の境目を仕上げる見切り材になり、壁の最下部に取り付ける細長い横板のこと。また、「ラップさせて」のラップとは、建築用語で「重ねる」ことを意味しています。

そこで、ベランダ・バルコニーの防水工事の「ウレタン塗膜防水」「塩ビ防滑シート」ついて簡単にご説明いたします。

2-1.ウレタン塗膜防水とは?

ウレタン塗膜防水とは、ウレタン樹脂を塗布して硬化させて防水層を形成していく防水工事の工法の一つ。

液体状のウレタン樹脂を塗ることで防水層を形成し雨水の浸入を防ぎます。
ウレタン塗膜は施工が簡単なうえに、ほかの防水工法と比べると比較的安価で施工できるメリットがあります。さらに、既存の防水材の上から重ね塗りもできるので、防水補修では最も使われている工法になります。

基本的にウレタン樹脂は液体状の材料なので複雑な形状の場所でも施工できるため、大規模修繕ではベランダ・バルコニーや廊下、階段の排水溝や巾木で利用されます。

2-2.塩ビ防滑シートとは?

塩ビ防滑シートは、マンションなどの集合住宅、学校や福祉施設、店舗などの施設で使われるシート状の床材になります。

マンションなどの集合住宅では、主に共用廊下や階段、ベランダ・バルコニーで使われ、現在の大規模修繕では多くのマンションが採用しています。基本的に人が出入りする廊下や階段、ベランダで使われる床材なので、耐久性に優れ、防滑性も高く、汚れが取れやすい特徴を持っています。

また、マンションの廊下や階段、バルコニーは機能性とともにデザイン性も求められますが、塩ビ防滑シートは数多くのメーカーから販売されているので、配色やデザインが豊富にあるのも大きなメリットです。

以上、ベランダ・バルコニーの防水補修工事の工事内容をご紹介しましたが、現在は「塩ビ防滑シート貼」が主流ということだけでも覚えておいていただければ幸いです。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

3.ベランダ・バルコニーの防水補修工事の流れ

ベランダ・バルコニーの防水補修工事の流れ

前項ではベランダ・バルコニーの防水補修工事で主流なのは「塩ビ防滑シート貼り工法」と説明しましたが、どのような流れで工事が行われるのか簡単にご紹介しておきます。

工事の流れ的には「ウレタン塗膜防水→塩ビ防滑シート貼」になりますのでそれぞれの工程をご覧ください。

3-1.ウレタン塗膜防水の工事流れ

防滑シートが剥がれた部分からの浸水を防ぐため、防滑シートを貼る部分に合わせて10.0cm以上余裕を持ってウレタン塗膜防水を施工していきます。

3-1-1.工程1 下地調整および清掃

防水工事の施工前に高圧洗浄したあと下地の確認を行い、ひび割れ、モルタルの浮きなどの下地調整を行います。

3-1-2.工程2 プライマーの塗布

3-1-2.工程2 プライマーの塗布 プライマーとは建築工事で使われる下塗り塗料のことで、主に接着剤の役割を果たす塗料です。
そのプライマーをローラーや刷毛で塗布していきます。

3-1-3.工程3 ウレタン樹脂防水材の塗布

プライマーが乾いたら、ウレタン樹脂防水材をローラーやコテを使って塗布し防水層を形成します。

3-1-4.工程4 トップコートの塗布

トップコートとは、ウレタン塗膜の防水層を守るための塗料。
ウレタン塗膜を紫外線などから守る役割を持っていますが防水材ではありません。定期的にトップコートを塗り直すことで耐久性を良くすることが可能です。

最後に、そのトップコートをローラーや刷毛で塗布すればウレタン塗膜防水は完了です。

3-2.塩ビ防滑シート貼工事の流れ

ウレタン塗膜が終わったら、次に塩ビ防滑シート貼を行います。

3-2-1.工程1 下地調整および清掃

高圧洗浄あと床面の下地調整に合わせて勾配不良の調査を行い、不良があれば速乾性の樹脂モルタルで調整していきます。

3-2-2.工程2 エポキシ系専用接着剤の塗布

耐熱性、耐水性、耐候性に優れているエポキシ系専用接着剤をコテなどで塗布していきます。

3-2-3.工程3 塩ビ防滑シートの接着

塩ビ防滑シートは事前にベランダに合わせてカットしておきます。
接着剤を塗布したあとシートの接着作業を行います。

3-2-4.工程4 ジョイント部(継ぎ目)の溶接

シートとシートの継ぎ目から浸水してしまうので、しっかり溶接していきます。

3-2-5.工程5 端部のシリコンシール処理及び仕上げ

最後に、端部からの浸水を防ぐためにシーリング処理すれば完了です。

以上、ベランダ・バルコニーで行われる防水補修工事の流れをご紹介しましたが、どんな工事なのかだけでも知っておいていただければと思います。

4.まとめ

一般的なマンション大規模修繕工事では、共用部のほかに各お部屋のベランダ・バルコニーの防水補修工事も行われます。
その際の注意点として、施工業者がベランダ・バルコニーの工事に入るときまでに、置いてある私物はすべて片付けておく必要があります。私物が置いてある状態では床面の施工が当然できません。

本文中でも説明した通り、マンションのベランダ・バルコニーは避難経路としての役割を持っているので、基本的に物は置いてはいけないようになっています。

そこで、もし何かしらの植物などをおきたいときは、部屋の中に入れられるものや直ぐに動かせるものを置くことが大切です。
あまり大掛かりな物置やガーデニング、ウッドデッキやタイルなどを設置していると、大規模修繕のとき余計な出費が発生する可能性もあるので、ベランダ・バルコニーに物を置くときは注意しておきましょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。