Uカットシーリング(ゆーかっとしーりんぐ)

大規模修繕工事のUカットシーリングとは

大規模修繕工事のUカットシーリング(ゆーかっとしーりんぐ)とは、モルタルやコンクリートの外壁に生じたひび割れの補修方法のひとつです。
Uカットシーリングは、主に構造クラックと呼ばれる幅0.3ミリ(現場よっては0.5~1ミリ)を超えるひび割れに対して施工する工法で、「Uカットシール工法」や「Uカットシール材充填工法」と呼ばれることもあります。
Uカットシーリングは、ダイヤモンドカッターなどの器具を使いU字にカット(U字型とすることでシーリングの接着面を増やします)し、シーリングを充填することで、建物の振動などに対して追従できます。

このページの目次

1. Uカットシーリングのメリット・デメリット

Uカットシーリングは、モルタルやコンクリート外壁に生じる構造クラックに対する補修方法として、広く知られた標準的な工法となっています。
ここでは、Uカットシーリングのメリット・デメリットについて説明します。

1-1. Uカットシーリングのメリット

Uカットシーリングの最大のメリットは、構造クラックに対する汎用的な工法のため、施工できる業者が多く相対的に価格が安くなりやすいことです。
そのため、見積りを複数社(3社以上)から取り、価格面で納得できる業者を選ぶと良いでしょう。
また、Uカットシーリングは公共工事でも採用されているため、機能面(ひび割れ追従性や防水性)において信頼性の高い工法といえます。

1-2. Uカットシーリングのデメリット

価格・機能面でメリットのあるUカットシーリングですが、施工にあたりダイヤモンドカッターで外壁を削るため、騒音や粉塵が発生するといったデメリットがあります。
マンションなどの大規模改修工事で「居ながら工事」が前提となる場合は、騒音や粉塵について事前に周知することが重要です。
他のデメリットとして、ひび割れに沿ってシーリングを充填するため、ひび割れの跡が残ってしまうことが挙げられます。
そのため、Uカットシーリングを行う際は、外壁の塗り替えを合わせて行うと良いでしょう。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2. 大規模修繕工事におけるUカットシーリングのまとめ

Uカットシーリングは、モルタルやコンクリート外壁に生じる構造クラックを補修する工法であり、公共工事でも採用されているため信頼性の高い工法といえます。
大規模修繕工事においてマンションなど「居ながら工事」が前提となる場合は、騒音・粉塵について事前の周知を徹底すると良いでしょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。