鉄骨造(てっこつぞう)

大規模修繕工事の鉄骨造とは

大規模修繕工事の鉄骨造(てっこつぞう)とは柱などが鉄骨で構成されている工法です。鉄骨の英語表記Steelの頭文字をとってS造と略称されることもあります。マンションやビルなどの高層建築からアパート、倉庫などの低層建築まで幅広く使用される工法です。

このページの目次

1.鉄骨造の種類

鉄骨造は鋼材の厚さによって大きく二種類に分けられます。まずは重量鉄骨造で厚さ6ミリ以上の鋼材を使用し主にビル、マンションで採用される工法です。アパートなどに採用される工法は軽量鉄骨造といい、厚さ6ミリ未満の鋼材で建築します。鉄骨造は用途やコストによって使い分けることができるのです。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.鉄骨造のメリット・デメリット

鉄骨造は高層建築から低層建築まで幅広く使われる工法です。コストや施工のしやすさのメリットがあります。一方で耐火性や騒音が課題です。鉄骨造のメリット・デメリットを見ていきます。

2-1.メリット

鉄骨造のメリットの一つ目はコストが安いことです。材料は鋼材がメインでコンクリートは少量で済むため、コストダウンすることができます。軽量鉄骨造では木造アパートと同水準で建築できる場合も。
鉄骨造のメリットの二つ目は耐久性もまずまずあることです。鉄筋コンクリート造ほどの耐久性はありませんが、木造よりは強いと言われています。柱をはじめ主要構造部は金属がメインなので折れたりすることはありません。

2-2.デメリット

鉄骨造のデメリットは耐火性に難があることです。高温にさらされると鋼材といえども耐久性がなくなります。このままでは火災に対して弱いままです。通常は耐火被覆材で覆うことで耐火性の向上が図られています。 鉄骨造のデメリットの二つ目は騒音の問題です。鉄骨造は柱だけで構成されているので防音は防音材に依存しています。防音材は多くの種類がありますが、鉄筋コンクリート造のようにコンクリートで覆うほどには防音性は高くありません。鉄骨造のマンションのグレードが鉄筋コンクリート造よりも劣ってしまう理由の一つは防音性にあるのです。

3.大規模修繕工事における鉄骨造のまとめ

近年では技術も進み、超高層建物でも鉄骨造で作ることができるようになりましたが、ごく一部です。一般には賃貸マンションを除いてマンションで鉄骨造は多くありません。鉄骨造は鉄骨の劣化、サビなどを点検で確認し、メンテナンスの計画を立てる必要があります。水は鉄骨造の大敵なので屋根の漏水や水回りの点検は重点的に行うことが必要です。鉄骨造の建物も適切にメンテナンスを行なえば相当な期間にわたって存続することが可能です。適切な点検と修繕を行いましょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。