修繕積立金(しゅうぜん つみたてきん)

大規模修繕工事の修繕積立金とは

大規模修繕工事の修繕積立金(しゅうぜん つみたてきん)とは、大規模修繕を行うために必要な資金をまかなう目的で毎月徴収して積み立てておくお金のことです。多くのマンションでは長期修繕計画が策定されています。修繕積立金は長期修繕の原資となるのです。

このページの目次

1.修繕積立金のメリット・デメリット

修繕積立金には大規模修繕工事に備えるという重要な役割があります。一方、修繕積立金が不足すると予定どおりに修繕工事ができないというデメリットも発生するのです。修繕積立金のメリットとデメリットはどんなものがあるか見ていきます。

1-1. 修繕積立金のメリット

修繕積立金のメリットの一つ目は大規模修繕工事に備えることができます。もともと長期修繕計画に基づいて徴収する積立金です。修繕には多額の費用を要するので積み立てることで入居者にとって急な出費を抑えられるのです。

修繕積立金のメリットの二つ目は不測の事態に備えることが可能です。予定外でマンションの設備が壊れることがあります。通常の修繕金の範囲で修理できれば問題ないですが、修繕金の範囲を超えると修繕積立金を使わざるを得ません。損害保険の代わりともいえるのです。

1-2. 修繕積立金のデメリット

修繕積立金のデメリットの一つ目は修繕積立金が十分でないと中古価格が下がる可能性があることです。将来大規模修繕が満足にできないことを意味するのが修繕積立金の不足になります。購入希望者は修繕積立金が不足しているマンションは敬遠するものです。こうして修繕積立金の不足が物件価格に影響を与えることもあります。

修繕積立金のデメリットの二つ目は修繕積立金が不足すると計画的な大規模修繕工事ができなくなる可能性があることです。修繕積立金が不足する場合は、一時金として臨時に徴収するか、修繕の規模を縮小するかの選択となってしまいます。長期修繕計画通りに修繕を行うには修繕積立金が欠かせません。

修繕積立金のデメリットの三つ目は急激な修繕積立金の値上げが行われる場合があることです。国内のマンションでも修繕積立金が不足する事態が起きています。不足額を補填するには修繕積立金の値上げが一番効果的です。ただ、値上げは入居者の負担を大きくします。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事における修繕積立金のまとめ

修繕積立金とは大規模修繕の原資となるものです。もし不足が生じるようであれば直ちに対策をとりましょう。特に機械式駐車場が敷地内にあるマンションは要注意です。予想以上に修繕費用が掛かる場合があります。修繕計画や修繕積立金については国土交通省のガイドラインも策定されおり、国も適正な修繕工事に向けて動き出しています。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。