セットバック(せっとばっく)

大規模修繕工事のセットバックとは

大規模修繕工事のセットバックとは、基本的には建物を後退させることです。道路幅の問題や日照権の問題などで、建物や塀などを敷地いっぱいよりも後退させて建てたり、下の階よりも上の階を後退させて建てたりすることを、セットバックといいます。

不動産広告では、「SB」などと記載されています。「SB済み」とあればセットバックがしてあり、「セットバック○○㎡要」とあれば、セットバックして建物を建てる必要があるということです。

建ぺい率、容積率を計算する際にも、セットバックは関係します。セットバックした後の土地面積に対しての建ぺい率、容積率を計算しなければなりません。

このページの目次

1.セットバックの種類

セットバックには、いくつかの意味があります。不動産用語でセットバックといっても、どれを指すかはそのケースによって違ってきます。

1-1.セットバックの種類1:建物の高さに関わるケース

日照権の問題などで、下階よりも上階を後退させて建てる場合があります。マンションでは、セットバックでできた下階の屋上を、ルーフバルコニーとして使用することも見受けられます。

1-2.セットバックの種類2:壁面線に関わるケース

壁面線が定められている場合、その壁面線まで建物を後退させなければなりません。これもセットバックのひとつです。

1-3.セットバックの種類3:「みなし道路」に関わるケース

都市計画では、道路はみな幅4メートル以上にしたいという意向が示されています。しかし、現状として、昔からの道路など、幅4メートル未満の道路はたくさんあります。それらは「道路とみなす」ため「みなし道路」といわれ、将来的には幅4メートルにする予定のあるもの、というポジションにあります。
そこで、みなし道路に接する土地に建物を建てる場合、道路の中心線から2メートルまでは、将来において道路となる可能性があるため、建物も塀も建ててはいけない、という決まりがあるのです。
ですから、道幅が2メートルでしたら、道のこちら側が1メートル、道のあちら側が1メートル、セットバックしなければなりません。
また、道の反対側が崖や川の場合ですと、その川や崖の縁から測って4メートルの位置までセットバックしなければいけないのです。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事におけるセットバックのまとめ

高さ制限のためのセットバックをした構造のマンションで、ルーフバルコニーの下の階に漏水する、というケースがいくつか報告されています。セットバックしてあるマンションの大規模修繕工事の際は、床コンクリートに構造クラックがないか、点検したほうが良いでしょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。