ルーフドレイン(るーふどれいん)

大規模修繕工事のルーフドレインとは

大規模修繕工事のルーフドレイン(るーふどれいん)とはマンションや戸建住宅の屋上で雨水を集めて竪樋に流す排水管のことです。ドレインが排出、排水溝の意味になるため、屋上(ルーフ)にあるドレイン(排水溝)という意味になります。ルーフドレインは鋳鉄やアルミ製が多いのが特徴です。この他、防水加工を施したものもあります。

このページの目次

1.ルーフドレインのメリット・デメリット

ルーフドレインは屋上にあるため、普段は目につかない部材です。そんなルーフドレインのメリットはどこにあるでしょうか。また、デメリットはないのでしょうか。ルーフドレインのメリットとデメリットについてまとめてみました。

1-1.メリット

ルーフドレインのメリットの一つ目は計画的な排水できることです。陸屋根の場合、ルーフドレインを設置し、適切な水勾配をつくることで計画的な排水を行うことができます。屋上部分にあるドレインのため、雨水は屋上に滞留せずに適切に流れていきます。
ルーフドレインのメリットの二つ目は水を溜めないことによって建物を守ることができることです。陸屋根の場合、ルーフドレインがないとどこかで水が溜まってしまいます。水が溜まることは屋上劣化の原因です。計画的な排水をすることで建物を劣化から守っていると言えます。

1-2.デメリット

ルーフドレインのデメリットの一つ目は水勾配がないと水が溜まってしまうことです。設計段階から考慮されていないのは論外ですが、経年変化により水勾配が不充分になることもあります。ルーフドレインに水勾配は欠かせないため、水勾配がないと水溜まりをつくる原因です。
ルーフドレインのデメリットの二つ目は金属製のドレインだと腐食の可能性があることです。防水加工を施したルーフドレインが増えているため、こうした現象は少なくなっています。それでも築年数の経過したマンションを中心にルーフドレインの腐食が問題となるのです。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事におけるルーフドレインのまとめ

大規模修繕工事において雨漏りのチェックと修繕は最優先項目の一つです。ルーフドレインの点検、更新もその一環となります。枯れ葉などが詰まったりするだけで漏水の原因にもなるのです。ルーフドレインは目立たないけれど建物を支えている重要なパーツになります。普段目立たない部材だからこそ、大規模修繕工事ではしっかりした対策が必要となります。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。