ルーフバルコニー(るーふばるこにー)とは

大規模修繕工事のルーフバルコニーとは

大規模修繕工事のルーフバルコニー(るーふばるこにー)とはバルコニーの中でも屋上に設けられたもののことです。バルコニーは屋根がないのが特徴で屋根がある場合はベランダと言います。ただ、最近はバルコニーとベランダは区別なく使用する例が増えているのも事実です。マンションの最上階や階段状マンションにできる屋上部分に設けられるのがルーフバルコニーになります。

このページの目次

1.ルーフバルコニーのメリット・デメリット

その開放感が戸建住宅に近いことがメリットのルーフバルコニー。一方で専用使用料が発生するデメリットもあります。他にはルーフバルコニーのメリットにはどんな点があるでしょうか。また、デメリットはないでしょうか。以下はメリットとデメリットについての解説です。

1-1.メリット

ルーフバルコニーのメリットの一つ目は開放感が抜群なことです。ほぼ庭と同じような使い方ができます。屋根もないことから目線を遮られるものがありません。マンション住まいにあってこの開放感はルーフバルコニーでのみ味わうことができます。
ルーフバルコニーのメリットの二つ目は資産価値が高く人気なことです。マンションでもルーフバルコニーを備えている住戸は限られています。その稀少性とマンションらしからぬ開放感からルーフバルコニー付きの住戸は人気の物件です。資産価値も他の住戸に比べて下がりにくくなっています。

1-2.デメリット

ルーフバルコニーのデメリットの一つ目は専用使用権がかかる場合があることです。ルーフバルコニーは通常のバルコニーよりも広いことが多く、使用料を徴収するマンションが多くあります。
ルーフバルコニーのデメリットの二つ目は屋根がなく雨風にさらされるため劣化が早いことです。屋根がないことから、ルーフバルコニーの床面は直接風雨にさらされます。その結果、ベランダよりも早いペースで劣化が進むのです。
ルーフバルコニーのデメリットの三つ目は照り返しが厳しいことです。遮るものがないためルーフバルコニーには直射日光があたります。夏の厳しい日差しは照り返しも厳しいものです。照り返しで部屋の気温が上昇することもあります。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事におけるルーフバルコニーのまとめ

開放感で人気のルーフバルコニー。開放感があり直接風雨にさらされる分、ベランダより劣化が早い傾向です。放っておくと屋上からの雨漏りに通じます。大規模修繕工事では早めの補修、修繕が必要となります。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。