ライニング更生工法(らいにんぐこうせいこうほう)

大規模修繕工事のライニング更生工法とは

大規模修繕工事のライニング更生工法(らいにんぐこうせいこうほう)とは、建物の内部にある給排水管の改修工法のひとつで、「パイプランニング(管更生)」や「配管更生ライニング工法」と呼ばれることもあります。
従来は、建物内の給排水管が経年劣化により錆や腐食が生じると、部分的若しくは全面的に給排水管自体を更新(取替え)する必要性がありました。
ライニング更生工法は、給排水管の内側をライニング(樹脂で厚く覆う表面処理)で補強するため、既存の給排水管を更新(取替え)することなく、不具合を解消できます。

このページの目次

1. ライニング更生工法のメリット・デメリット

ライニング更生工法は、既存の給排水管を更新することなく改修できるため、既存の配管に「穴」などの欠損がなく、ライニングできる状態であれば価格・施工面においてメリットの多い工法です。
ここでは、ライニング更生工法のメリット・デメリットについて説明します。

1-1. ライニング更生工法のメリット

ライニング更生工法の最大のメリットは、既存給排水管の更新(取替え)が不要になることです。
従来の更新工事の場合、給排水管は主に建物の内部の隠ぺい部(天井や壁の内部)にあるため、点検口やパイプスペースが無い場合、内装仕上げを一時撤去・復旧する必要がありました。
それに対してライニング更生工法は、既存配管の内側からのみの施工が可能なため、更新工事に付随する内装の一時撤去・復旧作業が不要です。
これにより、工事費を抑えられるだけでなく、施工上の影響も少ないため大規模修繕工事でネックとなる「居ながら工事」も比較的容易です。

1-2. ライニング更生工法のデメリット

ライニング更生工法は、既存配管の内側をライニングする工法のため、既存の配管の劣化が著しく「穴」などの破損がある場合、施工自体ができない可能性があります。
部分的なものであれば、その箇所のみ更新(取替え)することでライニング更生工法が使える可能性もあるため、専門業者と密な調整が必要です。
また、ライニングの種類にもよりますが一般的に耐用年数は10年程度であり、上塗りする形で再びライニング更生工法が使えないというデメリットもあります。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2. 大規模修繕工事におけるライニング更生工法のまとめ

ライニング更生工法は、既存の配管の状態が良ければ、内装の一次撤去・復旧などの「道づれ工事」が不要となるためメリットの大きい工法といえます。
一方で耐用年数が約10年程度であり、上塗りする形で再度施工することができないため、大規模修繕工事で採用する際は、こうしたデメリットを勘案して採用を検討する必要があるでしょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。