熱割れ(ねつわれ)

大規模修繕工事の熱割れとは

大規模修繕工事の熱割れ(ねつわれ)とは、何かがぶつかった衝撃ではなく、温度差によって、窓ガラスがひび割れてしまう現象のことをいいます。

熱割れはおもに、寒い冬の晴れた日の午前中に起きることが多い現象です。
冬の晴れた日には、太陽光によってガラスは温度が上がります。しかし、サッシなどの周縁部は冷えたままです。また、ガラスは温度が上がると放熱しますが、内部へ放熱しようとしても、物などが置いてあって放熱できない場合、ガラスの温度がぐんぐん上昇します。そうしますと、ガラス面の温度とガラスの周縁部の温度との差が広がり、温度の高い部分は膨張し、温度の低い部分からは引っ張る力が働き、結果として、ガラスにひび割れが生じるのです。

ガラスのひび割れが、飛来物によるものか熱割れかを見極める方法は、割れ方を見ることです。蜘蛛の巣状にひびが入っていれば、飛来物による可能性が大きいでしょう。一方、熱割れの場合、ガラスの端から直角にひびが入り、それから蛇行し、1本ないし複数本のひびになっています。

熱割れは、普通のガラスよりも、網入りガラスで生じやすい現象です。

このページの目次

1.大規模修繕工事における熱割れのまとめ

地域によっては、消防法で防火ガラスの設置が義務付けられているマンションもあります。しかし、防火ガラスとは網入りガラスだけを指すわけではありません。ワイヤレス防火ガラスも存在します。コストはかかりますが、網入りガラスに比べて熱割れしにくく、無色透明のため美観も損なわないガラスです。

窓ガラスは共用部分ではありますが、専有使用権が与えられている場所ですので、基本的に修理費用は区分所有者の方が持つことになります。
しかし、マンション内で熱割れしてしまうケースが多ければ、窓ガラスに関する苦情が多数、管理組合のもとに寄せられることになるでしょう。
実際、東日本大震災の影響で、マンション内の多くの住戸の窓ガラスにひびが入った時、そのマンションの理事の働きかけで、管理組合が全ての費用を負担し、全住戸の窓ガラスを新しくした、といった例もあります。 この例では、窓ガラスの一斉交換のために、数年後の大規模修繕工事のための費用から前倒しして捻出しました。

このように、「窓ガラスの負担は管理組合には関係ない」「窓ガラスは大規模修繕工事に関係ない」とは言い切れない例も存在するということを、覚えておきましょう。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。