モルタル補修(もるたるほしゅう)

大規模修繕工事のモルタル補修(もるたるほしゅう)とは

大規模修繕工事のモルタル補修(もるたるほしゅう)とは、モルタルを使用した外壁の補修のことです。
モルタルは、砂・水・セメントを混合させ作る材料で、建物の外壁や目地材(継ぎ目を埋める材料)などに使用されています。
モルタルを使用した外壁は、モルタル自体の乾燥収縮や地震などの振動により、材料の特性上ひび割れが生じやすい箇所といえます。

このページの目次

1. モルタル補修の方法

モルタル補修の方法は、ひび割れの状況に応じていくつか種類があり、自分でできるものから、専門業者でないと施工できないものまであります。
ここでは、劣化の状況に応じたモルタル補修の方法について説明します。

1-1. モルタル補修方法1:ヘアークラック

ヘアークラックとは、モルタル外壁の構造に影響のない(崩壊等しない)幅0.3ミリ以下の微小のひび割れのことです。
名称の通り、「髪の毛」のように微小なひび割れのことであり、直ちに補修が必要なひび割れではありません。
しかし、放置するとひび割れ幅は大きくなってしまうため、早めに補修することをおすすめします。
ヘアークラックの補修であれば、ホームセンターなどでも補修キッドが販売されており、専門業者でなくても施工できるものになっています。
ただし、高所の作業となる場合はヘアークラックであっても専門業者に依頼する方が良いでしょう。

1-2. モルタル補修方法2:構造クラック

構造クラックとは、ひび割れの幅が0.3ミリを超えるものを指し、放置すると雨水が浸入し建物内部の腐食や鉄筋の錆を引き起こす可能性があります。
モルタルの外壁で構造クラックがある場合、Uカットシーリング工法を用いてひび割れ周囲をカットし、シーリングを充填するなどの補修が必要です。
ここまでくると、素人の方が自ら施工することは現実的でなく、専門業者による施工が必要です。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2. 大規模修繕工事におけるモルタル補修のまとめ

モルタルを使用した外壁は、意匠性に優れサイディング材のように目地がないためコーキングが不要になるといったメリットがあり、多くの建物で使用されています。
しかし、材料の特性上ひび割れが生じやすい箇所であり、ひび割れの状況に応じて補修方法を選ぶ必要があります。
ヘアークラックの段階であれば専門業者でなくても補修が可能ですが、構造クラックが広範囲で生じた場合は足場が全面的に必要になるため、大規模修繕工事で補修を行うと良いでしょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。