マスターキーシステム(ますたーきーしすてむ)

大規模修繕工事のマスターキーシステムとは

大規模修繕工事のマスターキーシステム(ますたーきーしすてむ)とは一つの鍵ですべての部屋の鍵を開けられるシステムのことです。分譲マンションでの採用は少なくなっています。セキュリティと各戸を開けられるマスターキーの必要がないことがその理由です。ただし、共用部分のみ開けられるマスターキーシステムは商品展開しています。逆に賃貸アパート、テナントビル、工場などではマスターキーシステムは一般的で広く普及しているのです。

このページの目次

1.マスターキーシステムのメリット・デメリット

マスターキーシステムは一つの鍵で多くの鍵を開けられるので管理上のメリットがあります。一方でどれでも開けられる鍵はセキュリティの観点からはリスクのあるものです。マスターキーは一本でもなくすと大きな問題に発展します。広く普及しているマスターキーシステムのメリットとデメリットについての調査です。

1-1.メリット

マスターキーシステムのメリットの一つ目は鍵をたくさん持たなくてもよいことです。管理業務にあたって多くの鍵の束を持っていくのは負担になります。マスターキー一本あればすべての鍵を開けられるなら業務の効率化が図れるのです。
マスターキーシステムのメリットの二つ目は迅速な対応が可能です。賃貸アパートなどで101号室の鍵を紛失した場合でも、マスターキーがあればひとまず開錠することができます。管理人室に鍵束を用意しておくよりも迅速に対応可能です。

1-2.デメリット

マスターキーシステムのデメリットの一つ目はセキュリティの問題です。もしマスターキーをなくしたら鍵を拾った人はどこの鍵も開けることができます。これではいくつもの種類の鍵を作成した意味がありません。 マスターキーシステムのデメリットの二つ目はプライバシーの問題です。賃貸アパートの場合、マスターキーは管理会社も持っている場合もあります。管理で立ち入ることもありますし、鍵の紛失に備えて預かっているのです。あってはならないことですが、こうした業者の中に不心得者がいないとも限りません。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事におけるマスターキーシステムのまとめ

建物を管理する上でマスターキーは便利なシステムです。鍵束を持ち歩かなくてもよいのは大きなメリットになります。ただ、その便利さは危険と隣り合わせです。通常、マスターキーは厳重に管理されていますが、万一紛失すると大きな問題に発展します。こうした便利さと危険性を持つマスターキーシステム。大規模修繕工事時に導入するのであれば管理会社やコンサルタントともよく検討すべきです。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。