共用部分 (きょうようぶぶん )

大規模修繕工事の共用部分(きょうようぶぶん)とは

大規模修繕工事の共用部分(きょうようぶぶん)とは、分譲マンションなど区分所有権のある建物における、専有部分以外の建物の部分や付属物のことです。エレベーターやエントランスなど、自分だけではなく他の住民も使用する部分であり、共有しているところを指します。

共用部分は皆で使うところなので、皆で管理するケースがほとんどです。たとえば、エントランスや廊下の清掃にかかる費用は、住民が皆で出し合います。そして、大規模修繕工事の際には、共用部分を修繕しますから、費用はそのために居住者全員から集めておいた修繕積立金から出すのが基本です。

このページの目次

1.共用部分の種類

共用部分には、法律上共用するとみなされている部分と、マンションの利用規約上共用することになっている部分とがあります。

1-1.共用部分の種類1:法定共用部分

法律上共用することになっている部分を、法定共用部分と呼びます。マンションの建物の中の法定共用部分には、エントランス、エレベーター、階段室、廊下、天井、壁、パイプスペース、メーターボックスなど、ほぼマンションの全員か、少なくとも一部の住人が共通して使用する場所が含まれます。

また、電気、上下水道、ガス、電話線などの、専有物ではないマンションの付属物も法定共用部分に入ります。

1-2.共用部分の種類2:規約共用部分

マンションの決まりで共用部分と定められているところを、規約共用部分と呼びます。管理人室、機械室、集会室などです。

また、皆で使う付属の建物も、規約共用部分です。集会所、管理事務所、倉庫、車庫などが含まれます。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事における共用部分のまとめ

バルコニーは専有部分と勘違いされやすいところですが、共用部分です。ですから、基本的にバルコニーには私物を置いてはいけないのです。少なくとも、大規模修繕工事のときには、避難はしごのメンテナンスチェックなどもありますから、邪魔にならないよう物は片付けなければなりません。

予算にもよりますが、大規模修繕工事の際には、建物の基礎部分から廊下、屋上にいたるまで、ほぼすべての共用部分がチェックされます。マンションの構造上、共用部分は建物のライフラインに関わる重要な部分がほとんどです。共用部分のメンテナンスをきっちり行うことで、建物の寿命は延びます。

ですから、定期的な大規模修繕工事によって共用部分の不具合箇所を修繕することに、積極的であるのは良いことであると言えるでしょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。