コールドジョイント

大規模修繕工事のコールドジョイントとは

大規模修繕工事のコールドジョイントとは、先に打ち込んだコンクリートと、後から継ぎ足したコンクリートとが一体化できなかったことで生じる、継ぎ目のことです。

コンクリートは運搬車が運んできますが、渋滞などによって到着が遅れることもあります。結果として、先に打設したコンクリートが固まってしまい、後から打設したコンクリートとくっつけないのです。

このページの目次

1.コールドジョイントの悪影響の種類

コールドジョイントは構造上の欠陥ですから、さまざまな不具合の原因となります。いくつか見ていきましょう。

1—1.コールドジョイントの悪影響の種類1:水密性の問題

水密性とは、水の浸入や透過に対する抵抗性のことです。コールドジョイントはこの抵抗力を弱めます。水密性が低くなると漏水を招き、建物の中の鉄筋をサビさせます。

1—2.コールドジョイントの悪影響の種類2:中性化の問題

コンクリートはアルカリ性ですが、コールドジョイントによってアルカリ性ではなくなっていき、中性に変化していきます。これを中性化といいます。欠陥のないコンクリートと比べ、コールドジョイントの起こっているコンクリートは2~3倍速く中性化します。すると、鉄筋を保護している酸化皮膜が破壊され、鉄筋がサビることによって体積が膨張し、周辺のコンクリートの破壊につながるのです。

1—3.コールドジョイントの悪影響の種類3:強度の問題

コールドジョイントになっている場合、先に打ったコンクリートと後から打ったコンクリートの継ぎ目の強度は低くなります。コールドジョイントが起きているところの強度を強めることはできません。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事におけるコールドジョイントのまとめ

コールドジョイントは、建物の寿命を著しく縮める欠陥です。早急な対処が必要です。継ぎ目がはっきりしていますから、プロが見ればすぐにコールドジョイントを見分けられます。

軽度の場合、ポリマーセメントモルタルをハケで塗って修繕します。
重度の場合、はじめに内部側のコールドジョイントをカットし、シーリング材を充填します。そして外部側からエポキシ樹脂接着剤を注入します。

大規模修繕工事では建物の劣化を防ぐのが目的ですから、コールドジョイントは、修繕の必須項目の中でも優先順位の高いものです。
大規模修繕工事でコールドジョイントをきっちりと修復し、住民の方が安心して住めるようにしましょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。