高置水槽(こうちすいそう)

大規模修繕工事の高置水槽(こうちすいそう)とは

大規模修繕工事の高置水槽(こうちすいそう)とは、水道メーターから受水槽にいったん水をため、受水槽からポンプで屋上に置いてある水槽に水をくみ上げ、重力を利用して下の各階に給水するシステムにおいて、屋上に置いてある水槽のことを指します。なお、受水槽、高置水槽のどちらか片方だけが存在する仕組みのマンションもあります。

基本的に、高置水槽は3階建てまでの建物には設置されず、4階以上のマンションに付けることになっています。

屋上の水槽を高架水槽と呼ぶ場合は、本来、水槽タンクに脚が付いているものをさしますが、この区別なく高置水槽、高架水槽という言葉を使っている業者も多いようです。

このページの目次

1.高置水槽のメリット・デメリット

高置水槽には災害時にメリットとなる点と、維持・管理の際にデメリットとなる点があります。

1-1.高置水槽のメリット

高置水槽のメリットは、まず、給水圧力が比較的安定していることです。
また、断水時においても停電時においても、水槽内にたまっている水は給水が可能であることは、大きなメリットであると言えるでしょう。

1-2.高置水槽のデメリット

一方、高置水槽のデメリットは、イニシャルコスト(初期費用)もランニングコスト(維持するための費用)も高額になる点です。

また、衛生面によく気を配る必要もあります。
屋上は太陽光や風雨にもっともさらされる場所です。高置水槽の外面の塗装が剥げることも考えられますし、水槽内にサビが出たり、何かの原因で水槽の蓋が開いてしまい、ごみや鳥、雨などが入ってしまったりする場合もあります。細菌や藻が発生することすら可能性に含まれます。

こうした理由から、高置水槽には管理責任者が任命されていて、定期的な点検をすることがその仕事となっています。しかし、水槽内の清掃は、専門業者に頼んだほうが良いでしょう。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事における高置水槽のまとめ

高置水槽の外面が汚れている場合、清掃や塗装をすることで美観を保てます。

しかし、水槽内部の点検も欠かしてはいけません。設置されてから何十年もたっている受水槽や高置水槽の中には、全面的に交換しなければならないものもあることでしょう。水質汚染は住民の健康を損なうことに直決するため、高置水槽の衛生面でのメンテナンスは、決して手を抜いてはいけない分野です。

大規模修繕工事の際に高置水槽の点検・修理も含めるなら、大規模修繕工事が終わってからまた工事に入る、という手間が省け、住民のストレスも軽減できるでしょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。