高圧洗浄(こうあつせんじょう)

大規模修繕工事の高圧洗浄(こうあつせんじょう)とは

大規模修繕工事の高圧洗浄(こうあつせんじょう)とは、噴射水に高い水圧をかけて外壁の汚れや旧塗膜を落とす専用の洗浄機です。
高圧洗浄は、工事の内容により80~150気圧で使用され、噴射する水で表面を「洗い流す」だけでなく、旧塗膜を「削り取る」下地処理も可能です。
また、高圧洗浄は人の手の届かない場所でも洗浄が可能なため、外壁に係る工事以外に、排水管の清掃などにも使われています。

このページの目次

1. 高圧洗浄のメリット・デメリット

高圧洗浄は、外壁の塗替えなどを行う際に信頼のおける下地処理方法のひとつです。
高い水圧を活かして効率よく汚れや旧塗膜を除去できる一方で、適切な水圧や時間をかけて実施しないと期待する効果が得られないといったデメリットもあります。

1-1. 高圧洗浄のメリット

外壁改修で塗装の塗替えを行う際、下地処理(汚れや剥がれかけた旧塗膜の除去)は塗装の仕上がりや耐久性を左右する重要な工程です。
高圧洗浄は、高い水圧を活かして効率よく既存外壁の汚れや旧塗膜を除去するため、塗り替える塗料の密着性が向上しやすいという特徴があります。
また、下地処理の方法としての評価も高く、その信頼性の高さから公共工事の標準仕様のひとつにもなっています。
このほかにも、サンダーなどの器具を使って下地処理を行う場合に比べ、粉塵が生じないといったメリットもあり、マンションなど「居ながら工事」を前提にする場合に向いている方法といえます。

1-2. 高圧洗浄のデメリット

高圧洗浄は、公共工事でも採用されるほど信頼性の高い方法という一方で、現場にて確実に施工されないと、期待する効果を得られないというデメリットがあります。
現場で高圧洗浄を確実に施工するためには、「適切な洗浄時間」と「適切な水圧」の管理を徹底する必要があります。
高圧洗浄は最終的に形に残らないため、作業過程の現場管理に長けた施工業者を選ぶ必要があります。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2. 大規模修繕工事における高圧洗浄のまとめ

高圧洗浄は、外壁の塗替えを行う際の下地処理として、信頼性の高い方法として知られています。
しかし、その一方で適切に洗浄時間や水圧をかけて施工を行う必要があり、施工業者の現場管理能力が問われる方法でもあります。
実際に大規模修繕工事で高圧洗浄を行う際には、こうしたメリット・デメリットを理解した上で、適切な現場管理ができる優良な施工業者を選定する必要があるでしょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。