金抜き明細書(きんめいさいしょ)

大規模修繕工事の金抜き明細書とは

金抜き明細書(きんぬきめいさいしょ)とは、金額を記載せずに数量や人数だけを記載した明細書です。公共事業の見積もり合わせや事業の予備段階の見積もりなどで利用されます。最近では大規模修繕工事の際にも利用されることがあるのです。

このページの目次

1.金抜き明細書のメリット・デメリット

金抜き明細書は入札内容が統一されるなどのメリットがあります。一方で作成する側にも工事に対する詳しい知識が必要です。金抜き明細書のメリット・デメリットについて見ていきます。

1-1.金抜き明細書のメリット

金抜き明細書のメリットの一つ目は入札参加業者の目線統一ができることです。
同じ工事であっても使用する材料の数量や従事する人員の数は会社によって違います。材料の数量や人員数を指定することによって、各社が作成する見積書を同じ前提条件とすることが可能です。

金抜き明細書のメリットの二つ目は追加工事が少なくなることです。事前に工事の概要を統一することで追加工事や追加費用の発生が少なくなります。不意の追加工事による予想外の出費を抑えることが可能です。

金抜き明細書のメリットの三つ目は不正防止ができることです。
材料の数量や人員が指定されているため、参加業者側は材業や人件費の単価くらいしか変動させることができません。ダンピングなどの不正を行いにくくなります。

1-2.金抜き明細書のデメリット

金抜き明細書のデメリットの一つ目は作成者が業務に精通している必要があることです。
公共事業であれば発注する側にも専門家がいます。ですが、大規模修繕工事では発注する側に工事に詳しい人がいるとは限りません。事業に精通した人がいないと金抜き明細書の作成は困難です。

金抜き明細書のデメリットの二つ目は発展性や多様性が乏しくなることです。
発注者側が設計をほとんどしてしまうため、参加業者側の創意工夫の余地が少なくなっています。業者が発注者側よりもよりよい案を提示しようとしても難しい面があるのです。

金抜き明細書のデメリットの三つ目はコンサルティングが必要になる場合があることです。
発注者側に知識や経験が乏しい場合、専門のコンサルタントを導入する場合があります。このコンサルタントに金抜き明細書を作成してもらうのです。工事金額は抑えることができますが、コンサルティング料が必要になります。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事における金抜き明細書とは

事金額を抑えたり、発注者の意図通りの工事ができたりといくつかのメリットがあります。一方でコンサルティング料が予想外にかかる場合もあるものです。工事業者の創意工夫も期待できなくなってしまいます。金抜き明細書にはメリット・デメリット双方があるので慎重に検討しましょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。