引込開閉器盤(ひきこみかいへいきばん)

大規模修繕工事の引込開閉器盤とは

大規模修繕工事の引込開閉器盤(ひきこみかいへいきばん)とは、分電盤の一種で低圧用の電気をマンションに引き込むときに引込点の最初に取り付ける盤です。引込開閉器盤はマンションに電気が供給される最初の部分になります。電気の入り口部分として建物にとっては欠かせない器具です。

このページの目次

1.引込開閉器盤の種類

大型のマンションは分電盤室が設置されることが一般的です。引込開閉器盤もそれにつれて大型になるのでこれも分電盤室に取り付けられます。それ以外のマンションや戸建て住宅では引込開閉器盤が設置されるのは屋外です。電柱などの柱に取り付けられることもあります。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.引込開閉器盤のメリット・デメリット

入居者にとってはあまりなじみのない引込開閉器盤。この器具があることのメリットはどこにあるでしょうか。また、デメリットはないでしょうか。電気設備の縁の下の力持ちです引込開閉器盤のメリット・デメリットについてご紹介します。

2-1.メリット

引込開閉器盤のメリットの一つ目は電力会社との責任区分の境界が明確になることです。一般的に引込開閉器盤からがマンションの管理すべき部分になります。それよりも外側は電力会社の管理すべき領域です。何かのトラブルや器具の破損が起きた場合、引込開閉器盤を境界としていずれの責任領域なのかを判断します。
引込開閉器盤のメリットの二つ目は一斉検針が可能なことです。分電盤にメーターがついていれば検針することができます。一斉検針ができれば電力会社や管理会社にとって業務が軽減することが可能です。

2-2.デメリット

引込開閉器盤のデメリットは引込開閉器盤を検針可能な位置に設置しなければならないことです。検診の必要があることから引込開閉器盤は分電盤室、屋外の柱や屋上に設置されます。設置場所が限定されるため、設計段階で調整することが必要です。

3.大規模修繕工事における引込開閉器盤のまとめ

引込開閉器盤は一度設置したら相当期間使用するもので頻繁に更新する設備ではありません。長期間利用する引込開閉器盤なので定期的な点検が必要です。電気設備のため誰でも点検できるわけではなく、専門業者による点検が必要になります。引込開閉器盤はそのマンションにとって電気の玄関、入口です。ここでトラブルが発生するとマンション全体が電気のトラブルが起きてしまいます。電気のコンディションを整えるうえでも点検は欠かせません。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。