フィラー擦り込み(ふぃらーすりこみ)

大規模修繕工事のフィラー擦り込み(ふぃらーすりこみ)とは

大規模修繕工事のフィラー擦り込み(ふぃらーすりこみ)とは、主に外壁のコンクリートやモルタル面のクラック(ひび割れ)を補修する工法のひとつです。
コンクリートやモルタルのひび割れの補修方法には、Uカット工法やエポキシ樹脂注入工法などがあり、ひび割れ幅の大きさに応じて工法を選定する必要があります。
フィラー擦り込みは、ひび割れの中でも幅1.0mmに満たない微小なひび割れに適応する工法となっています。

このページの目次

1. フィラー擦り込みの特徴

フィラー擦り込みは、微小なひび割れに対して行うものであり、ひび割れ補修の方法の中でも比較的簡単に施工できる工法です。
ここでは、その作業手順や施工のタイミングについて説明します。

1-1. フィラー擦り込みの特徴1:施工が簡単

ひび割れの補修方法として広く知られているものに「Uカット工法」があります。
Uカット工法は、ひび割れの幅が1.0mmを越える場合に採用される工法で、ひび割れを中心に一定の幅をカットにシーリングを充填します。
フィラー擦り込みでは、Uカット工法のように外壁自体をカットせず、フィラーと呼ばれる詰め物をひび割れに刷り込んで補修するため、工程数が少なく施工が簡単な工法となっています。

1-2. フィラー擦り込みの特徴2:タイミングが重要

フィラー擦り込みは、ひび割れ幅1.0mmに満たない微小なひび割れを補修する方法であり、ひび割れが大きくなる前の段階で行うことが効果的です。
微細なひび割れであっても、放置すると時間の経過と伴にひび割れの幅が広がりUカット工法や他の補修工法が必要になってしまうため、工期や費用が増大してしまうリスクがあります。
そのため、ひび割れ初期のタイミングで、比較的施工が簡単なフィラー擦り込みを行うと良いでしょう。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2. 大規模修繕工事におけるフィラー擦り込みのまとめ

フィラー擦り込みは、外壁のコンクリートやモルタル面に発生するひび割れを補修する工法のひとつです。
実際の施工内容は、フィラーと呼ばれる詰め物をひび割れ刷り込む方法であり、
Uカット工法のように外壁をカットすることなく、比較的簡単に行うことができるものになっています。
大規模修繕工事においては、ひび割れ幅の小さいタイミングでフィラー擦り込みで補修を行うことで、ひび割れの進行を抑え将来的な補修費用を低減できる可能性もあるため、施工のタイミングの見極めが重要になるでしょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。