FIX窓(ふぃっくすまど)

大規模修繕工事のFIX窓とは

大規模修繕工事のFIX窓(ふぃっくすまど)とは開閉できない窓のことです。はめ殺し窓と日本語では言います。FIXとは「固定する」という意味の英語なので、FIX窓は固定された開閉できない窓、という意味です。開閉する必要のない窓や高所にあって開閉が難しい場所に設置されることがあります。

このページの目次

1.FIX窓のメリット・デメリット

FIXは天窓などの高所の窓、スリット窓などの幅の狭い窓に採用されています。FIX窓は開放感が得られるメリットがあるものです。一方で開閉できないため通風には利用できないデメリットもあります。FIX窓のメリット・デメリットについての解説です。

1-1.メリット

FIX窓のメリットの一つ目は開放感が得られることです。天窓やトップライトなどはFIX窓のケースがあります。FIX窓は開閉を考慮する必要がないため、窓のサイズを大きくすることが可能です。玄関などやホールなどで日差しを取り入れたい場所には最適です。 FIX窓のメリットの二つ目はセキュリティが高いことです。開閉ができないため、窓ガラスを人が通れるほど割らない限り侵入することはできません。スリット窓のように細長くしておけば、FIX窓からの侵入はほぼ不可能になります。 FIX窓のメリットの三つ目は気密性が高いことです。開閉できる窓はどうしても隙間が生じます。高い気密性を保つためには施工精度を高くしなければなりません。この点、FIX窓は固定されているので気密性に問題はないのです。

1-2.デメリット

FIX窓のデメリットの一つ目は通風性がないことです。風通しを良くしようとするとFIX窓は採用できません。通風や空気の流れは換気扇やエアコンで調整することになります。 FIX窓のデメリットの二つ目は掃除に困ることです。FIX窓は開閉できないため、室内側から室外側を掃除することができません。一階部分やベランダがある部分は問題ありませんが、高所で足場のない部分のFIX窓は点検や掃除に手間がかかります。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事におけるFIX窓のまとめ

FIX窓はマンションの玄関、エントランスホールなどで採用されています。メンテナンスまで考慮された設計ならば問題ありませんが、往々にして掃除や点検がやりにくいレイアウトになっている場合もあるものです。また、セキュリティ上、大規模修繕工事の際に開閉できる窓をFIX窓に変更する事例もあります。採光には最適なFIX窓です。メリットやデメリットをしっかり考え、FIX窓を管理していくようにしましょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。