FRP(えふあーるぴー)

大規模修繕工事のFRP(えふあーるぴー)とは

大規模修繕工事のFRP(えふあーるぴー)とは、繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastic)の略称で、ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチックです。 ERPは、耐久性・耐水性・成型性に優れており、建築工事においては屋根の防水材のほか、浴槽・プールなどにも使われることがあります。
屋根の防水で用いられるERP防水は、「塗る」タイプの防水ため既存の屋根形状に合わせやすく、耐久性・耐水性も高いため大規模修繕工事で屋根防水を行う際は選択肢のひとつになるでしょう。

このページの目次

1. FRPのメリット・デメリット

屋根防水として優れた性能を持つFRPですが、いくつかのデメリットもあります。
大規模修繕工事の屋根防水でFRPを検討する際は、メリットだけでなくデメリットも理解した上で検討することが重要です。

1-1. FRPのメリット

屋根防水としてのFRPは、耐久性・耐水性が高いだけでなく、既存下地との密着性がよく施工性も良いため、複雑な屋根形状でも成型がしやすい防水材です。
金属屋根などを葺き替える場合に比べて、重量が軽いため構造的な負担が少ないといったメリットもあります。
施工上のメリットとして、硬化(塗布後に固まること)が早く、施工期間が短期間で済むことが挙げられます。
工期が短期間であれば職人の数も少なくて済むため、人件費を抑えることができます。
保守の観点からも、「摩耗」に強く人が歩いても簡単に剥がれないことや、定期的にトップコートを塗布することでFRP自体を長持ちさせることができます。

1-2. FRPのデメリット

FRPのデメリットとして、施工中の「臭い」が挙げられます。 FRPで用いられているポリエステル樹脂に特有の臭いがあるため、マンションなどで「居ながら工事」を前提とする場合は、事前の周知が必須です。 またFRPは紫外線に弱く、一定期間紫外線を浴び続けると表面にひび割れが起きやすいという特徴があります。 ERPを紫外線から保護するためには、トップコートを数年に1回塗布していく必要があります。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2. 大規模修繕工事におけるFRPのまとめ

屋根の防水材としてのFRPは、耐久性・耐水性・成型性などのメリットがあります。 その一方で、施工中の臭いや数年に1回のトップコート塗布が必要になるなどのデメリットもありますが、施工前の周知を徹底し、トップコートの塗布を修繕計画に盛り込むことで十分解消できる内容です。
予算がありデメリットを許容できるのであれば、FRPは優れた素材としておすすすめできる防水材です。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。