段裏

大規模修繕工事の段裏(だんうら)とは

大規模修繕工事の段裏(だんうら)とは、マンションの階段の裏側部分のことです。階段を下っていく最中には、頭上に上の階までの段が見えますが、これを段裏と呼びます。上 裏(あげうら)の一種です。

階段は、とくに北側や西側に設置されている場合、風雨や紫外線や排ガス、湿気などの影響をもろに受けます。結果として、腐食してゆきやすいところなのです。
鉄骨、鉄板の接合部はケレン(サビ取り)が難しく、塗装し直してもサビ汁が出やすくなってしまいます。
また、モルタルやタイルが浮いてしまうと、そこから雨水が浸透し、段裏のサビ汁につながります。

このページの目次

1. 段裏の修繕の方法

段裏の修繕の方法には、塗装と、塩ビシートを貼る方法とがあります。それぞれについて見ていきましょう。

1—1.段裏の修繕の方法1:塗装

腐食の進んだ階段の修繕では、塗装よりもケレンが重要です。
階段の鉄骨に穴が開くなどして強度に問題がある場合は、予算の範囲内で溶接します。
そして、よくケレンした後、下塗り、中塗り、上塗りと、塗装を重ねます。場合によっては、ケレンも塗装も2回以上重ねることもあります。

1—2.段裏の修繕の方法2:塩ビシート

塗装ですとコスト的には良いのですが、雨や雪の日に滑りやすくなる、天気の悪い日が続く季節には乾きづらい、というデメリットが存在します。
そこで、側溝はウレタン塗膜防水加工にし、踏面、蹴上、踊り場には塩ビシートを貼る、という工法もあるのです。
滑り止めの付いたノンスリップ一体型の塩ビシートを貼れば、美観もアップしますし、雨や雪でも滑りづらく、シートを貼った直後から通行が可能です。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2. 大規模修繕工事における段裏のまとめ

階段は、日常的に住民の方々が使用する場所ですから安全性が大事ですし、それが非常階段ならなおさら安全性が求められます。10年間塗装していなかったマンションの鉄骨の階段の中には、穴が開くほどサビてしまうものもあります。これではいつ壊れるか分からず、美観も損ない、マンションの資産価値を大いに低め、空室が増えてしまう可能性も否めません。階段のサビは放っておかず、なんとかしたいものです。

ですから、大規模修繕工事は、段裏も含む階段の修繕を行う良いチャンスなのです。
大規模修繕工事では、塗装がメインの工事ですから、段裏もしっかり修繕してもらいましょう。その際、必要に応じて、雨水を側溝に流すための勾配もきちんとつけてもらえるか、業者に聞いておくのも良いでしょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。