チョーキング(ちょーきんぐ)

大規模修繕工事のチョーキングとは

大規模修繕工事のチョーキングとは、外壁を手で触った時に白い粉が付くことです。手に付く粉がチョークの粉に似ているので、チョーキングといいます。
チョーキングは、マンションの外壁の塗装が古くなって機能を果たさなくなってきたので塗りかえましょう、という合図です。

このページの目次

1.チョーキングの原因の種類

チョーキングが起こる背景には、いくつかの原因があります。見ていきましょう。

1-1.チョーキングの原因の種類1:太陽光による劣化

チョーキングは、外壁が何年も紫外線にさらされ続け、塗料の中に混ざっていた顔料が粉になって起こります。大抵は太陽光による経年劣化ですので、異常事態というわけではありません。

1-2.チョーキングの原因の種類2:塗料をよく混ぜなかったことによる施工不良

塗料をよく混ぜなかったり、調合の仕方や乾かす時間を用法通りに守らなかったりといった施工不良が原因で、早い年数でチョーキングが起きるケースもあります。つまり、業者がいい加減だった、ということです。そういったケースでは、大規模修繕工事の際には、評判の良い業者に依頼する必要があるでしょう。

1-3.チョーキングの原因の種類3:物件の環境に合わない塗料を選んでしまった施工不良

紫外線の強さ、潮風が吹いているかどうか、積雪量、排ガスの量など、その立地に特有の条件が存在します。それらの条件を考慮に入れないで、立地条件に適合しないタイプの塗料を選んでしまった結果、チョーキングが早めに出てくる事例も存在します。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事におけるチョーキングのまとめ

チョーキング現象は確かに塗りかえ時を知らせるサインなのですが、第一段階のアラートといえます。ですから、「チョーキングが出ているから早急な塗りかえが必要ですよ」と工事を迫ってくる悪質業者に騙されないようにしましょう。チョーキングが出ていても慌てる必要はないのです。

とはいえ、チョーキングが出ているなら塗装することは避けられません。放置しておくと建物の寿命を縮めるからです。

外壁を塗りかえる際には、立地条件や使用状況に合った塗料を選ぶようにしましょう。外壁塗装を長持ちさせる秘訣です。

また、チョーキングは白や淡い色の塗料によく起きる現象ですので、濃い色の塗料を選べば、チョーキングが起きづらくなると考えられます。

大規模修繕工事の際には、しっかりと高圧洗浄した後で下塗りをし、用法通りの方法で塗装してもらいましょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。