ブリード汚染(ぶりーどおせん)

大規模修繕工事のブリード汚染とは

大規模修繕工事のブリード汚染(ぶりーどおせん)とは、外壁のひび割れを補修した際の、シーリング剤に入っている可塑剤(かそざい)と塗料とが合わずに、化学反応を起こし外の壁が黒ずむ現象のことをいいます。可塑剤が徐々に塗装面に出てきて塗装表面がべたつき、そこに汚れが付着することによって起こるので、可塑剤移行とも呼ばれます。
(ちなみに可塑剤とは、シーリングを柔らかくするための材料のことです。)

ブリード汚染は、知識のない業者がシーリング剤と塗料との相性を考えずに塗装した結果で表れるケースが多いのですが、1回目に塗装を頼んだのとは別の業者に、2回目の塗装を依頼した場合に、前回塗装した塗料との相性が合わずに、ブリード汚染が生じるというパターンもあります。

ブリード汚染を防ぐためには、ノンブリードタイプのシーリング剤を使うのが一般的です。しかし、中にはシーリング剤をノンブリードタイプにしても、上に乗る塗料との相性が合わず、ブリード汚染が生じる結果になることもありますので、塗料の知識のある業者に頼む必要があるでしょう。
また、ノンブリードタイプのシーリング剤を使わない場合、逆プライマーやブリードオフプライマーといった、ブリード汚染を防ぐ下地を塗ってからシーリングをする方法もあります。

このページの目次

1.大規模修繕工事におけるブリード汚染のまとめ

ブリード汚染は建物の寿命にはさほど影響しないかもしれませんが、明らかにマンションの美観を損ないます。大規模修繕工事の目的は、防水処理などで建物の寿命を延ばすことのみならず、美観を保ってマンションの資産価値を高めることにもあります。外壁のところどころに、ひびに沿った形で黒ずんだブリード汚染をそのままにしていては、「管理が行き届いていないマンションである」という印象を与えてしまうでしょう。

大規模修繕工事は10年以上のスパンで行われることが多いのですが、その10年の間に、さまざまな建築用品が開発されていきます。ブリード汚染におけるノンブリードタイプのシーリング剤も、そのひとつです。新しく開発された製品を使用すれば、それだけ建物はきれいになりますし、長持ちもします。

大規模修繕工事の際に、新しい製品を使ってブリード汚染の箇所も修繕し、マンションの見た目を美しくして、住民の方たちとともに、ぜひとも気分をさわやかにしましょう。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。