ベントキャップ(べんときゃっぷ)

大規模修繕工事のベントキャップ(べんときゃっぷ)とは

大規模修繕工事のベントキャップ(べんときゃっぷ)とは、外壁に設置する給気・排気用に設けられた開口部に付ける「蓋」のことです。
ベントキャップには、給排気を妨げずに雨水や虫・鳥などの侵入を防ぐ役割があり、構造もさまざまなものがあります。
ベントキャップの形状は、丸型フードとガラリ状(ルーバー状)のが主流ですが、最近では外観デザインとの兼ね合いから角型や薄いタイプがあり、材質もアルミ・ステンレス・樹脂といくつかのタイプがあります。

このページの目次

1. ベントキャップの特徴

ベントキャップは、スムーズな給排気ができることを前提に、雨水や虫などの侵入を防ぐという機能が求められる一方で、外壁に複数でてくるためデザイン上の見栄えの良さも重要なポイントのひとつです。
大規模修繕工事においては、これらの特徴を抑えて適切な仕様を選ぶ必要があるでしょう。

1-1. ベントキャップの特長1:形状

ベントキャップの形状にはさまざまなものがありますが、給排気の効率の良さを優先する場合、「丸型フード」のタイプが最も優れています。
しかし、丸型フードのベントキャップは、フードのボリューム感が大きいため、見た目上の懸念がありあます。
給排気の効率の良さ以上に「見た目」を重視する場合は、角型やフードが薄いタイプもあります。

1-2. ベントキャップの特徴2:材質

ベントキャップの材質には、樹脂性・アルミ製・ステンレス製のものがあります。
標準的に使用されるのはアルミ製ですが、価格の安さを優先するのであれば「樹脂性、耐久性や見た目を優先するのであればステンレス製を使うと良いでしょう。
ベントキャップの材質を選ぶ際の注意点として、各仕様の色のバリエーションが挙げられます。
比較的自由に色を選べるのはアルミ製・ステンレス製ですが、標準色に使いたい色がない場合、オプションとして追加料金がかかる可能性があるため、見積り段階で確認しておいたほうが良いでしょう。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2. 大規模修繕工事におけるベントキャップのまとめ

ベントキャップは給排気の開口部の蓋であり、給排気を阻害せず雨水や虫などの侵入を防ぐといった役割があります。
ベントキャップには、いくつかの形状・材質があるため予算や要望に応じて適切に選ぶことが重要です。
ベントキャップは、マンションなどの住居であれば必ず外壁にでてくる設備のため、大規模修繕工事においては、給排気の効率と見た目のバランスを取りながら選ぶ必要があるでしょう。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。