アルコープ(あるこーぷ)

大規模修繕工事のアルコープ(あるこーぷ)とは

大規模修繕工事のマンションのアルコープ(あるこーぷ)とは、玄関を共用廊下の壁面よりへこませて造った、くぼみの空間のことを指します。もともとヨーロッパで用いられていた構造で、部屋や廊下の壁面に造ったくぼみをアルコープと呼んでいましたが、日本ではマンションの玄関前のくぼみを指すようになりました。
玄関ポーチとの違いですが、玄関ポーチのあるマンションは、玄関前のくぼみのスペースに門扉などで仕切りを設け、門の内側は自由に私物を置けるようになっており、比較的広いスペースを専有できます。
一方、アルコープは玄関前の小さなくぼみのことであり、共有部分ですので、本来私物は置けません。

このページの目次

1.アルコープのメリット・デメリット

アルコープにはたくさんのメリットがあり、デメリットが少ないのが特徴です。だからこそ、アルコープを設けるマンションが多いのです。まず、メリットから見ていきましょう。

1-1.アルコープのメリット

アルコープのメリットは、第一にプライバシーが守られることです。凹凸のない一直線の壁面の廊下ですと、ドアを開けたときに、通りがかりの人に室内が見えてしまう可能性が高くなります。しかし、アルコープがありますと、視野が遮られるため、プライバシー保護につながるのです。

また、突然ドアを開けても、通行人にぶつかる心配がないのもメリットです。

さらに、ドアを開け放して作業したいときに、通行人の迷惑にならないことも魅力と言えるでしょう。

1-2.アルコープのデメリット

アルコープのデメリットは、玄関前が暗くなることですが、一般的にアルコープの上の天井には照明が付いていますので、デメリットというほどのことではありません。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事におけるアルコープのまとめ

アルコープは共有部分ですから、原則として私物を置いてはいけませんが、専有部分に感じられる造りのため、自転車や植木などの物を置く居住者も少なくありません。その結果、アルコープに物を置いてあるところと置いてないところとで、劣化の仕方に差が出てきます。そうしますと、大規模修繕工事の計画を立てる際に、区分所有者によって、「アルコープの修繕をぜひしたい」という意見と、「アルコープの修繕は必要ない」という意見とに分かれる場合があるのです。
こうしたケースでは、大規模修繕工事の業者による客観的な診断が役に立つでしょう。アルコープを業者にチェックしてもらい、本当に修繕が必要かどうかを見極めてから、大規模修繕工事に取り掛かるのが得策です。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。