アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法

アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法とは

大規模修繕工事のアンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法(あんかーびんにんぐぶぶんえぽきしじゅしちゅうにゅうこうほう)とは、建物の外壁改修工事などで行う、モルタル・コンクリート・タイルなどの外壁仕上げの「浮き」を補修するための工法です。
浮きのある外壁の仕上げ面に電動ドリルで小さな穴をあけ、アンカーピンと呼ばれる金物とエポキシ樹脂を注入することで下地(外壁)と外壁仕上げを固定し、外壁仕上げの剥落(落下)を防ぐことができます。

このページの目次

1.アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法のメリット・デメリット

アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法には、いくつかのメリット・デメリットがありますが、既存の外壁仕上げの浮きが部分的なものであれば、比較的メリットが大きい工法といえます。

1-1.アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法のメリット

アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法の最大のメリットは、既存の外壁仕上げを撤去することなく施工ができることです。
浮きのある部分の外壁仕上げを撤去せずに補修することができ、浮きのない健全な外壁仕上げはそのまま使用できるため、工事の前後で建物の見栄えが変わらないというメリットがあります。
外壁仕上げをほとんど撤去しないため、撤去費や新たな材料費がほとんどかからず、建物全体を補修するより工事費を安く抑えることもできます。

1-2.アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法のデメリット

アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法では、工事に先立ち補修する範囲を検査して明らかにする必要があります。
検査の方法としては、実際に仮設足場や高所作業車を使って人の手で行う「全面打診検査」と、赤外線カメラを使って浮きの状態を解析する「赤外線調査」があります。
いずれも方法でも、検査の結果により工事の範囲が変わってしまうため、浮きを見逃すことがないよう確実に実施しなければなりません。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.大規模修繕工事のアンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法のまとめ

アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法は、建物全体ではなく部分的な補修が可能であり、建物の見た目もほとんど変えることなく工事ができるなどのメリットがあります。 外壁の剥落(落下)は、第三者に被害を与えてしまう可能性のある不具合のため、浮きが外壁全体に広がる前のタイミングを見極め、確実に補修を行うことが重要です。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。