香川県の大規模修繕でよくある相談お問い合わせ&トラブル事例

香川県の大規模修繕でよくある相談お問い合わせ&トラブル事例

香川県の大規模修繕をこれからするお客様へ~相談・トラブル事例~

香川県は四国地方の北東部に位置しています。面積が全国で一番小さい件ですが、コンパクトな中に都市部と自然が調和している特徴があります。瀬戸内海には小豆島など多くの島が点在しており、岡山県とは瀬戸大橋によって結ばれています。

マンションは、県庁所在地である県内一の都市である高松市や丸亀市周辺に集中しています。高松市は四国の玄関口として国の出先機関や多くの企業の支店などがあり、四国の政治経済の拠点になっています。

マンションは完成した当初は綺麗ですが、月日の経過とともに経年劣化や損傷などがどのマンションでも目についてきます。特にメンテナンスや手を施さなければ老朽化が進んでいきます。
島根県は日本海側特有の強い風などによって劣化が変わってくることがありますし、雪などの影響も出てくるでしょう。

そこで行われるのが「大規模修繕工事」になります。
しかし、マンションの管理組合は「何をしたら良いのか?」「どのような手続きが必要なのか?」がわからないと思います。一生で一番大きい買い物と言われる住まいであるマンションの大規模修繕を何度も経験することは稀なことでしょう。

香川県では、高松市や丸亀市には1990年以前や1990年代に建てられたマンションもあり、すでに大規模修繕が行われているマンションもあると考えられます。

このページでは、香川県内で大規模修繕を考えているマンションの方へ、他のマンションからの大規模修繕に関する相談お問い合わせ例と、よくあるトラブル事例をご紹介いたします。

このページの目次

1.香川県の大規模修繕工事のお問い合わせ例

香川県の大規模修繕工事のお問合せ事例!
過去のお問合せ対応内容をご参考ください!

大規模修繕工事は、経年劣化によって生じた建物の損傷や不具合を修繕・改修する工事です。

香川県には高松市や丸亀市周辺にマンションが集中しており、その地域でマンションの大規模修繕が行われます。そのほか、1990年以前や1990年前半のマンションもあり、大規模修繕が済んでいるのかどうかを確認することも重要になります。
最近は地震に備えるための耐震補強についての問い合わせも増えています。ここでは香川県の大規模修繕工事に関わる大規模修繕支援センターにお問い合わせを頂いた事例をご紹介します。

1-1.問い合わせ1:マンションの電気設備の修繕周期はどのくらい?

マンションでは、電気設備機器類の修繕周期が問題になります。
風雨による劣化や築後年数が経過することによる経年劣化などによって機器の不具合が発生してしまうことがあります。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造8階)
建物住所:香川県高松市
相談カテゴリー:電気設備、修繕、周期
建物概要:築年数1990年、総戸数36戸

【お客様の悩み】
築後20年以上が経過しているため受変電機器は故障が起きたその都度修繕しています。おおまかにどの程度の周期で更新するものなのか知りたいです。

【大規模修繕支援センターからのご返答】
マンションではマンション一括受電という方法が採られていることが一般的です。マンション全体で電力会社と高圧電力契約を行います。
その時、電力会社から受電するための設備が必要になります。その設備の修繕は金額的にも大きくなります。また、工事を行う際に停電作業も出ることがあります。

受変電機器類は20年から30年の周期で更新を計画して行きます。管理会社や外部に委託する電気主任技術者から指摘として上がってくるタイミングがこのタイミングになります。

メンテナンスを行っていれば機器類の状況を把握することが可能ですので、そのタイミングを先送りにする判断も可能です。メンテナンスを行っていないと、状況がわからないため一般的なタイミングで更新を勧めるしかなくなってしまいます。

普段からの維持管理が更新時期にも影響を与えて行きます。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
受変電機器の修繕は工事金額も高額になるようですので毎年の点検や法定点検などを怠らないようにしたいです。異常が発生すると停電にもつながる可能性があると思いますので注意したいです。

1-2.問い合わせ2:天井仕上げのような内装の工事は?

大規模修繕工事の際に共有部分の天井仕上げも工事を行うことがあります。外観美化のために内装仕上げを更新すると綺麗になりますので気分も一新して良い生活を遅れるのではないでしょうか。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造11階)
建物住所:香川県高松市
相談カテゴリー:天井、工事の流れ
建物概要:築年数1992年、総戸数47戸

【お客様の悩み】
1992年に竣工したマンションですが、これからも住み続けていくために共有部分が綺麗だと安心します。天井の仕上げに汚れが目立ったので大規模修繕工事の際に同様に修繕を計画していますが、工事の流れを知りたいです。

【大規模修繕支援センターからのご返答】
マンションの価値としても、外観や玄関口の雰囲気で入居したいかどうかが変わってくることが少なからずあります。そのため、共有部分の天井などの内装工事を大規模修繕工事に合わせて行うことはあります。

マンションの共有部分で吹き抜けになっている箇所や高天井の場所があると足場を設置して作業することになります。入居されている方と工事ヤードを区分するために工事用の間仕切りを設置したり、コーンなどで工事範囲を示すことで人と工事ヤードを分けますので不安は少ないと思います。

施工会社としても工事中の事故は最も避けたいことです。施工会社の評判にも関わります。また、住んでいる方々も工事中に事故のあったマンションに住むことは気分の良いことではないと思いますので施工会社と管理組合などと打ち合わせをしっかりと行った方が良いと考えられます。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
マンションが綺麗になると住んでいても気分が良いですが、外観だけよりも内装も変われば気分一新ですみたくなります。
工事の際に安全に作業してもらうことで住んでいる人たちも工事関係者も気分良く作業が終わればと思っています。

1-3.問い合わせ3:大規模修繕工事のコンサルタントの役割とは?

大規模修繕工事が計画されている中でよくいただくお問い合わせがコンサルタントの役割についてです。マンションの管理会社と管理組合がある中でコンサルタントを雇って何をするのかを理解されないままに進めていくと話が伝わらなくなることがあります。

【お客様の基本情報】
建物種別:分譲マンション(RC造10階)
建物住所:香川県高松市
相談カテゴリー:コンサルタント、工事の流れ
建物概要:築年数1990年、総戸数45戸

【お客様の悩み】
大規模修繕工事でコンサルタントを雇おうと考えておりますが、何を依頼しているのかがしっかりと考えられていないためうまく進められるのか不安があります。

【大規模修繕支援センターからのご返答】
管理組合や管理会社とは別に大規模修繕工事の設計や工事監理を行う会社が間にあると、施工会社との調整や管理組合との調整も担ってくれます。そのほかに、建築工事の専門のコンサルタントであれば工事中の施工チェックや施工会社への指示などを行うことになります。

管理組合は住人の方の代表ですので、現場作業についてはわからないことばかりだと思います。その施工会社の作業区分や管理組合からの要望などを取りまとめてくれます。

しかし、明確に指示を出さないとコンサル会社も施工会社への指示ができませんのでしっかりと指示を出してください。
また、管理組合はコンサル会社を管理する役割をしますので任せきりにはしないように注意してください。

【お客様の声(対応後のアンケート内容)】
大規模修繕工事は初めての経験なので不安でしたが、コンサルタントを入れればスムーズに工事が進みそうだと感じました。

大規模修繕支援センターって何をやってるところ?

  1. 優良コンサルタントや施工会社を無料紹介している
  2. 専門相談員による無料相談ができる
  3. 大規模修繕工事についての情報を集約している

大規模修繕支援センターで大規模修繕のことに関してお気軽に相談することが可能

大規模修繕支援センターにお問い合わせする

2.香川県の大規模修繕工事で多く見られるトラブル事例

香川県の大規模修繕工事であったトラブル事例です!未然に防げるようにしましょう!

マンションの大規模修繕にはトラブルがつきものです。準備段階から工事が完了するまで期間も長くなりますし、多くの人が関わりますのでトラブルになりやすいです。

ここでトラブル事例を3例ご紹介いたします。

2-1.トラブル事例1:床タイルの材料選定

【トラブルカテゴリー】:床、施工会社、修繕
【建物概要】:香川県高松市、築年数1991年、総戸数40戸

【トラブル内容】:大規模修繕工事の工事中に床の材料でトラブルになりました。考えていたよりも床タイルの材料が滑りやすかったようで、管理組合から材料の変更の打診をしました。一部施工が終わっていたので施工会社は変更増額の提案がありました。
床材料は使う予定にしていた材料よりも金額が高くなるようだったので金額の増額には応じることになりました。

材料選びでしっかりと材料を確認することが必要です。サンプルなどを取り寄せてどんな素材なのかを確認することが必要でした。滑りやすい素材ではなかったのでしょうが、今までよりも滑りやすかったのかと思います。

2-2.トラブル事例2:大規模修繕工事の時の養生を徹底する

【トラブルカテゴリー】:仮設工事、内装、施工会社
【建物概要】:香川県高松市、築年数1994年、総戸数32戸

【トラブル内容】:大規模修繕工事にて共用部分の内装工事中に施工会社の養生が不十分なことがありました。天井や壁を剥がしているのに、ホコリが舞っていたりすることが多かったのでクレームが入りました。気になる方と気にならない方で分かれることでもありますので施工会社に注意するように指示はしましたが、現状の養生とは違った方法がないのか問い合わせをしました。

作業ヤードをシートで覆ってはいましたが、簡易なためホコリを遮断できていないようでした。数日で終わる工事であったため、その期間だけ我慢してもらうことで納得はしていただきましたが、施工会社の対応も少し不満のある対応でした。

2-3.トラブル事例3:修繕積立金が足りない理由は?

【トラブルカテゴリー】:修繕積立金
【建物概要】:香川県高松市、築年数2002年、総戸数48戸

【トラブル内容】:修繕積立金が足りないとの説明が管理組合よりありました。払いたくないと言われている方もいるようでした。
最近ニュースなどでも人件費の上昇が流れているので拒否することはありませんが、事前にわからなかったのか疑問に思いました。
拒否している入居者の方の気持ちもわかりますし、お金が絡む話なのでどうしようもないと思います。修繕計画を縮小したり、先延ばしにすることで極力抑えた金額を積み立てることになりました。

お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

3.大規模修繕支援センターの4つのお約束

大規模修繕支援センターのサービス内容の
ご紹介です!4つのお約束を致します!

4.大規模修繕支援センターのご利用の流れ

大規模修繕支援センターのお問合せ~会社選定までの流れのご説明となります!

5.香川県の大規模修繕工事の施工業者

香川県の大規模修繕工事を行っている
施工業者の一覧となります!

【注意点】
下記掲載の会社は、全てが大規模修繕支援センターの登録店ではございませんので予めご了承下さい。
こちらに掲載しているのは一部の工事店のみになります。

会社名所在地
株式会社カシワバラ・コーポレーション 四国営業所香川県高松市勅使町1267-2-2F-A
極東化成株式会社香川県高松市林町230-1
三洋防水工業株式会社香川県高松市高松町902-1
四国日東工材株式会社香川県三豊市高瀬町新名1913-1
四国防水工業株式会社香川県高松市香川町大野162-1
新弘化建株式会社香川県善通寺市木徳町1155
有限会社西部シール香川県丸亀市三条町13-16
大三工業株式会社香川県高松市本町1-17
株式会社日新建工香川県丸亀市田村町625
有限会社二宮塗装香川県高松市木太町2385-5
福明工業株式会社香川県高松市香西北町54-3
フルイチ株式会社香川県高松市林町2582-1

6.香川県の大規模修繕対応エリアについて

香川県の大規模修繕工事の対応エリアは
北海道全域にて対応可能です!
お客様に合った施工会社・コンサルタント
無料にてご紹介させて頂きます!
簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料! 簡単30秒で無料相談!お見積り・現地調査まで無料!

見積要領書テンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

当社がこれまで大規模修繕のお見積りに携わったノウハウを活かし、 見積要領書のWordファイルテンプレートを作成しました。

住居者アンケートテンプレート

修繕委員会・管理会社ご担当者向け

大規模修繕時に必要となる住居者アンケートを一から準備をする のが大変なので便利なWordファイルテンプレートを作成しました。